【高校サッカー】青森山田、2戦連続完封!背番10・檀崎、個人技で大会1号

前半23分、貴重な追加点となるゴールを決め雄たけびをあげる青森山田・檀崎
前半23分、貴重な追加点となるゴールを決め雄たけびをあげる青森山田・檀崎

◆全国高校サッカー選手権第4日 ▽3回戦 青森山田3-0大津(3日、等々力)

 青森山田(青森)がJ1札幌内定のMF檀崎竜孔(りく、3年)の今大会初得点などで、大津(熊本)に3―0と快勝した。

 難敵・大津を相手に3―0。完勝で青森山田が8強を決めた。攻めてはMF檀崎の今大会初ゴールを始め、前半2点、後半1点の3得点。守っても、イレブンの統率された守備が、2戦7得点の相手攻撃陣に決定的な仕事をさせず、2試合連続の完封劇を演じた。

 背番号10が個人技で貴重な追加点を決めた。1―0の前半23分、檀崎が左サイドからペナルティエリア中央手前に走り込み、MF天笠泰輝(3年)からの浮き球のパスを絶妙トラップ。相手DFをかわし、右足でゴールへ流し込んだ。「2回戦(草津東)は6―0で勝ったが自分は得点がなく悔しい思いもあった」と檀崎。大事な試合で挙げた貴重な追加点を喜んだ。チームは後半にも1点を追加。リードを広げても気持ちを緩めることなく守備でも相手を封じ込めた。「うちは得点力というより、しっかり守ることを大事にしている」と黒田剛監督。完璧な試合運びで堂々の8強だ。

 5日の準々決勝は堅守を武器に勝ち上がってきた矢板中央と戦う。檀崎は「1人1人がもっと声を掛け合って連係を高めない、とスキをつかれる」と気を引き締めた。挑戦者として一切の慢心なし。2大会ぶりの王座奪還へ、ただ突き進む。(小林 泰斗)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請