【日本ハム】栗山監督、清宮に30発&4番奪取厳命「翔が元気なうちにいかないと」

日本ハム・栗山監督
日本ハム・栗山監督

 日本ハムの栗山英樹監督(57)が、プロ2年目の清宮幸太郎内野手(19)に30本塁打を厳命した。チームの日本一奪還と、目標とする2020年東京五輪出場へ必要な数字と設定。「30本は打たないと駄目。打てる能力はある。本物のスラッガーだから」と期待した。

 高卒新人の30本到達は、王貞治、松井秀喜でさえプロ4年目だった。昨年は巨人・岡本も4年目で達成。2年目の高い目標設定も全ては夢のためだ。「今年しっかりやらなければ東京五輪の候補にも挙がらない。しっかり意識しなさいということは本人にも伝えた」と力を込めた。

 また今季不動の4番を務めた中田への挑戦も求めた。「4番取りに行ってほしい。自分が好きな打順を取りに行かないと。翔が元気なうちに取りにいかないと駄目」。10歳差の大きな壁に挑むことで、チーム内に競争が生まれるはず。「そうすれば2人だけじゃなく周りも生きる。チームが優勝するなら彼みたいなタイプが爆発したら他の選手もガーンって打つはず」。16年以来の日本一奪還へ、高卒2年目のスラッガーの覚醒がチーム浮上の鍵を握るはずだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請