【日本ハム】宮西、若手に喝!「負ける気はない。俺がクローザー奪ったるぞ」

笑顔で新年の餅をつく日本ハム・宮西(カメラ・清藤 駿太)
笑顔で新年の餅をつく日本ハム・宮西(カメラ・清藤 駿太)

 日本ハム・宮西尚生投手(33)がスポーツ報知の新春インタビューに応じ、FA権を行使せず、生涯日本ハムを決意して臨む来季への意気込みを語った。今季はホールド(H)とホールドポイント(HP)の日本記録を更新し、最優秀中継ぎのタイトルを獲得。さらに将来的な大記録達成へ意気込んでいる。(聞き手・秦 雄太郎)

 ―今季はH、HPのプロ野球記録を更新。入団から11年連続の50試合登板で、史上40人目の600試合登板を達成した。

 「満足してるって言ったらそれまでやけど、十分成績は残せた。600試合登板がチームのために貢献できたと思うからすごくうれしかった」

 ―シーズン前から好調だった。

 「2017年の成績が納得できなかった。16年も(最優秀中継ぎの)タイトルはとったけど(左肘を)手術した後、自分のフォームで投げられなかった。今年駄目だったら、もう終わらなあかんかなって覚悟で臨んだ。オフはイベントもほぼ全部断って練習に費やした」

 ―FA権を行使せず残留を決めた。

 「国内でどっかに行くっていうのは頭になかった。メジャー挑戦への思いは少なからずあった。残留の決め手は、このチームが自分が一番生きる場所やと思った。まだゴールしきってないなっていうのもあった。球団の思いも聞いて、ここで野球人生を終わらしてもいいんじゃないかって」

 ―生涯日本ハムの覚悟?

 「FA取ったら少なからず悩むからね。人生が変わるわけやから。家族のことも考えたし、その中で全部うまくいくのは北海道なんやろな、と」

 ―今オフに左肘を再手術。

 「いずれやらな、というのがあった。9月入って肘に痛みが出だして、じゃあ手術しちゃおうかって。残留の話もちょっとずつ進んでたから、出るにしろ、残るにしろ、野球人生を考えたら早い方がいいと球団にも勧められた」

 ―若手も台頭している。

 「負ける気はないよ。若いヤツも投げさせてもらえているけど、数年続けてってヤツは出て来へん。そんな状況が続くようなら俺がクローザー奪ったるぞって。そのくらいの闘争心をみんなに持ってもらいたい」

 ―まだまだ負けられない?

 「完全に抜かれるとか、大事な場面で成功率が劣ってくるならそこが引き際。ただ簡単にポジション空ける気はさらさらない。勝負の世界やし」

 ―新しく見えた目標は?

 「新しい球場で1試合でも投げること。それまで常に1軍でチームに貢献しての話やけどね」

 ―周囲からいつか潰れると言われることも?

 「反骨心はあるよ。これだけ投げればガタも来るのは間違いない。人間やから。でも俺が目標にしているのは(昨年10月に引退した中日投手の)岩瀬(仁紀)さん。(現在44歳の)岩瀬さんが自分の年齢の時はまだばりばりクローザーしてる年。もっと頑張らないと。見とけよって」

 ―50試合登板を続ければ岩瀬のプロ野球記録通算1002試合登板が2024年にも見えてくる。

 「心折れることも何度もあったけど、乗り越えられたのは岩瀬さんの登板数、(元巨人投手で昨年引退した)山口(鉄也)さんのプロ野球記録(273H、324HP)があったから乗り越えて来られた」

 ―2人の存在は?

 「壁だよね。雲の上の存在。(11月の)NPB AWARDSで岩瀬さんの方から『お前よう投げてんな。とりあえず俺も1000越えてたから、お前も頑張れよ』って言われて相当うれしかった。山口さんにも『抜かれたわ。もっと上目指せよ。応援しているから頑張れよ』って。表彰されるよりうれしかったね。2人から託された言葉だったから、気持ち入ったよね」

 ―「北の鉄腕』が『日本の鉄腕』になる日も近い?

 「『鉄腕』って言葉は合ってない。肘も2回も手術してるからね。それだけコンディショニングに時間をかけているし、人一倍考えてオフを過ごしている。何もしなくても投げ続けられる人が『鉄腕』って感じやから、俺はすごいメンテナンスがいる『旧車』かな」

 ―前人未踏の300Hまであと6H。

 「そこを目標にしたら低すぎる。しっかり50試合完璧にできるように。1試合でも失敗をなくすように心がけて、結果、チームが優勝して日本一になることが一番の残留した喜びになる。そのために残っているわけやから」

 ◆宮西 尚生(みやにし・なおき)1985年6月2日、兵庫・尼崎市生まれ。33歳。市尼崎から関学大を経て、2007年、大学・社会人ドラフト3巡目で日本ハムに入団。1年目から中継ぎで起用され、18年までパ・リーグ最長の11年連続50試合登板を達成。通算294ホールド、326ホールドポイントはプロ野球記録。180センチ、75キロ。左投左打。年俸2億円(推定)。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請