【高校サッカー】星稜、3年ぶり8強ならず…岩岸主将、無念の負傷交代

惜しくも流経大柏に敗れた星稜イレブンは、がっくりと肩を落とす
惜しくも流経大柏に敗れた星稜イレブンは、がっくりと肩を落とす

◆全国高校サッカー選手権第4日 ▽3回戦 流通経済大柏1-0星稜(3日、フクダ電子アリーナ)

 2年連続28度目出場の星稜(石川)は、昨年準優勝の流通経大柏(千葉)に完封負け。4強入りした2015年度以来、3年ぶりの8強進出はならなかった。

 前半5分、J1鹿島入りが決まっている流通経大柏DF関川郁万(3年)に先制ヘッドを許した。攻撃陣は粘り強く反撃したが、関川を中心とした堅守を最後まで崩せなかった。

 前半終了間際には主将のFW岩岸宗志(3年)が足首と肩を負傷し、担架で運ばれ途中交代。キャプテンマークを託されたMF有馬大勢(3年)は、強烈な左足ミドルを放つなど、奮闘した。

 「みんなに『宗志の分までやろう』と声を掛けた。彼自身が一番悔しいはず。自分も昨年はけがで選手権に出られなかったので、けがで出られないつらさは分かっていた」と有馬。しかし、ゴールネットを揺らすことはできず「自分のシュートが決まっていれば、試合はどうなっていたか分からない。この大会、自分は(得点)ゼロで終わってしまい、チームに申し訳なかった」と唇をかんだ。

 目標の4大会ぶりの全国制覇はならなかったが、3年生が入学した2016年度の選手権は、全国大会の連続出場が17で途切れる試練を味わった。

 2大会ぶりに出場した昨年度は2回戦、今大会は3回戦と進歩した。河崎護監督(59)は「体力的に厳しいところもあったが、ひるまず堂々とプレーしてくれた」と、連戦の疲れを押して最後まで走り続けた選手たちをたたえていた。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請