【箱根駅伝】東海大、初の総合優勝へ首位で10区に

トップで8区・小松陽平からタスキを受ける東海大9区・湊谷春紀(右)
トップで8区・小松陽平からタスキを受ける東海大9区・湊谷春紀(右)

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。3日の復路(5区間109・6キロ)は2位でスタートした東海大が8区で小松陽平(3年)の区間新記録の力走で東洋大を逆転し、9区でも湊谷春紀(4年)がトップで鶴見中継所に入り、10区の郡司陽大(3年)にたすきを託した。

 2位・東洋大との差は3分35秒の差が付いた。3位の青学大とは3分43秒差。

 東海大がトップで復路の鶴見中継所に入るのは史上初めて。

 (タイムは速報値)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請