【箱根駅伝】東海大が8区で首位浮上!小松陽平が区間新記録

平塚中継所を2位でたすきをつないだ東海大7区・阪口竜平と東海大8区・小松陽平(右)(カメラ・池内 雅彦)
平塚中継所を2位でたすきをつないだ東海大7区・阪口竜平と東海大8区・小松陽平(右)(カメラ・池内 雅彦)

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 8区では平塚中継所1位の東洋大から4秒差でたすきを受け取った東海大・小松陽平(3年)が、東洋大・鈴木宗孝(1年)と併走していたが、14.7~14.8キロ付近でトップに立った。そしてそのまま差を広げ、1997年に山梨学院大・古田哲弘が記録した1時間4分5秒を上回る1時間3分50秒の区間新記録で9区につなぐ戸塚中継所に先頭で到着した。

 2位の東洋大は51秒遅れてたすきをつないだ。3位の青学大はトップと差が開き、4分29秒差で9区に入った。

 小松は「97年と言えば自分が生まれ年なのでそんな大記録を自分が更新するとは思っていませんでした」とレースを振り返り「自分でも100点満点の走りができたと思います」と話していた、

 (タイムは速報値)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請