【箱根駅伝】5区激走の筑波大・相馬崇史は一夜明けて運営スタッフとして激闘

前日5区を激走した筑波大の相馬は一夜明けたこの日、大会運営スタッフとして奮闘した
前日5区を激走した筑波大の相馬は一夜明けたこの日、大会運営スタッフとして奮闘した
往路で5区を走った関東学生連合の筑波大・相馬崇史
往路で5区を走った関東学生連合の筑波大・相馬崇史

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。3日の復路(5区間109・6キロ)は定刻の午前8時に往路を制した東洋大がスタート。その後、15位の早大までが往路記録の時間差で出発し、16位以降のチームは10分後に繰り上げスタートした。

 2日の往路でオープン参加の関東学生連合の5区を担い、区間13位相当と激走した筑波大の相馬崇史(2年)は一夜明けた3日、大会運営の学生スタッフのひとりとして大会に参加。早朝からメディア受け付け係として取材に必要なパスやビブスの受け渡しを行った。難関区間の5区では青学大の竹石尚人(3年)より7秒速い1時間14分45秒で走破。「区間10位相当で走りたかった」と振り返る。

 相馬はタスキをかけたユニホームから、この日は黄色のスタッフジャンパーを着込んで激闘した。「今は体験したことのない疲れがあります」と言いながらも、爽やかな笑みを見せて“縁の下の力持ち”として新春の学生スポーツの祭典を支えた。

前日5区を激走した筑波大の相馬は一夜明けたこの日、大会運営スタッフとして奮闘した
往路で5区を走った関東学生連合の筑波大・相馬崇史
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請