【箱根駅伝】7区で東海大が首位の東洋大を猛追 青学大の林も区間賞で反撃

小田原中継所で6区・小野田勇次(左)からたすきを受け取っていた7区・林奎介
小田原中継所で6区・小野田勇次(左)からたすきを受け取っていた7区・林奎介

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。3日の復路(5区間109・6キロ)は定刻の午前8時に往路を制した東洋大がスタート。その後、15位の早大までが往路記録の時間差で出発し、16位以降のチームは10分後に繰り上げスタートした。

 2年連続7度目の往路優勝を果たした東洋大は7区で主将の小笹椋(4年)が出場。後半に伸び悩み、2位の東海大の阪口竜平(2年)に4秒差まで詰め寄られた。

 往路の4、5区でまさかの連続ブレーキを喫し、東洋大と5分30秒差の6位と出遅れた青学大は6区で小野田勇次(4年)が区間新記録で反撃開始し、5位に浮上。前回区間新記録をマークして金栗四三杯を獲得した7区の林奎介(4年)も前回の自身の記録まで2秒に迫る好記録で連続区間賞を獲得。東洋大との差を3分48秒まで詰めた。

 8区スタート直後には東洋大の鈴木宗孝(1年)に東海大の小松陽平(3年)が追いつき並走。青学大の飯田貴之(1年)も追いかけ、総合優勝争いの行方は白熱してきた。

◇日テレHPではレースをライブ配信!各区間のハイライトも!視聴はコチラ

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請