【箱根駅伝】東海大・阪口竜平、東洋大と1分以上縮め4秒差2位で平塚中継所通過

小田原中継所では東海大6区・中島怜利(左)からたすきを受け取った7区・阪口竜平
小田原中継所では東海大6区・中島怜利(左)からたすきを受け取った7区・阪口竜平

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 東海大・阪口竜平(3年)が、5年ぶりの総合優勝を狙う東洋大・小笹椋(4年)との差を1分以上縮める快走をみせ、首位・東洋大と4秒差で平塚中継所通過を通過した。

 逆転での総合5連覇を狙う青学大は林奎介(4年)が昨年自身が樹立した区間記録に2秒差の1時間2分18秒の好タイムで、東洋大と3分48秒差で通過した。

 ※タイムは速報値

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請