【箱根駅伝】6区ハイレベル 青学大・小野田区間新も東洋大・今西も譲らず首位堅守

小田原中継所1位で通過する東洋大6区・今西駿介が、東洋大7区・小笹椋(右)にたすきを渡す
小田原中継所1位で通過する東洋大6区・今西駿介が、東洋大7区・小笹椋(右)にたすきを渡す

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。3日の復路(5区間109・6キロ)は定刻の午前8時に往路を制した東洋大がスタート。その後、15位の早大までが往路記録の時間差で出発し、16位以降のチームは10分後に繰り上げスタートした。

 2年連続7度目の往路優勝を果たした東洋大の6区は2年連続出場の今西駿介(3年)。前回は青学大の小野田勇次(4年)に約15キロ地点で逆転された。区間5位と奮闘したものの区間賞を獲得し、1分27秒差をつけられた小野田に対し「人間じゃねー」と思わずつぶやき、完敗を認めたが、今回は前回より1分19秒もタイムを短縮する58分12秒の区間3位で走破。対する小野田は57分57秒の圧巻の区間新記録を出したが、その差を15秒にとどめ、役割を果たした。まあに「その1秒をけずりだせ」を体現する魂の走りだった。

 東洋大と1分14秒差の2位でスタートした東海大の中島怜利(3年)も区間2位、歴代3位となる58分6秒の好記録をマーク。東洋大との差を1分8秒まで縮めた。

 3位は国学院大を逆転した駒大。4位は国学院大。

 往路の4、5区でまさかの連続ブレーキを喫し、東洋大と5分30秒差の6位と出遅れた青学大は小野田の区間新記録で反撃開始し、5位に浮上した。東洋大とは5分15秒の大差があるが、勢いはつけた。前回区間新記録をマークして金栗四三杯を獲得した7区の林奎介(4年)、当日変更で投入された8区の実力派ルーキーの飯田貴之(1年)、最終10区に出場するエース格のひとり鈴木塁人(たかと、3年)らに奇跡の大逆転を託した。

◇日テレHPではレースをライブ配信!各区間のハイライトも!視聴はコチラ

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請