【箱根駅伝】東洋大・西山、1区連続区間賞「プラン通り」大迫以来7年ぶり

スタート後、東洋大・西山(左端)を先頭に日比谷通りに飛び出す1区のランナー(カメラ・矢口 亨)
スタート後、東洋大・西山(左端)を先頭に日比谷通りに飛び出す1区のランナー(カメラ・矢口 亨)
東洋大1区の西山和弥
東洋大1区の西山和弥

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)往路(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 王者・青学大の前に今年も鉄紺のタスキが立ちふさがった。東洋大が2年連続7度目の往路優勝を果たした。

 1区・西山和弥(2年)が現マラソン日本記録保持者・大迫傑(早大=現ナイキ)以来となる2年連続1区区間賞を獲得。3区で青学大に先行を許すも、4区・相沢晃(3年)が1時間0分54秒の区間新記録で再逆転した。2位の東海大に1分14秒差をつけ、5時間26分31秒の往路新記録を樹立。5年ぶりの総合V奪還へ最高のスタートを切った。(晴れ、気温6・5度、湿度41%、西南西の風0・8メートル=スタート時)

 再び半端ない走りを見せた。2年連続の1区。西山は「六郷橋で仕掛けようと思っていたのでプラン通り。(2区の山本)修二さんにトップで渡せて良かった」と橋の上りでギアチェンジ。集団から飛び出しスパートを決めると、大迫以来7年ぶり、史上8人目の2年連続1区区間賞を獲得した。

 ここまで駅伝シーズンは絶不調だった。出雲駅伝2区6位、全日本大学駅伝2区14位と本来の実力からはほど遠い結果。3冠を目標に掲げたチームも、無冠のまま箱根を迎えた。「本当にふがいない走りで情けなかった」。走れない理由を自分の中に見つけられず、もがき苦しんだ。

 救ったのは母の言葉だった。伊勢路の翌日は20歳の誕生日。母から「人に迷惑をかけないこと、そしてひとつひとつのことに感謝を忘れないこと」とメッセージが届いた。「東洋大はフィジカルや治療の先生、食事もサポートしてもらって恵まれている。当たり前に感じて、感謝を忘れてしまっていた」。初心を思い出すと不思議と力が戻り、12月の練習はほぼ完璧にこなした。

 前回の区間賞の走りを、大迫が「東洋大往路優勝の勝因は西山君」と絶賛したほどの逸材。酒井監督は「去年よりフォームが格段に良くなり、推進力も上がった」と成長を分析する。華麗なスタートダッシュを決めた西山は「区間賞でホッとしているところもあるが、2~4区が本当に素晴らしかった。復路にも勢いをつけられた」。王座奪還へ、最高の舞台は整っている。(太田 涼)

 ◆西山 和弥(にしやま・かずや)1998年11月5日、群馬・伊勢崎市生まれ。20歳。東農大二高を経て2017年に東洋大進学。1年時の同年出雲駅伝で学生3大駅伝デビューを飾り、1区5位。箱根駅伝は、18年大会で大迫傑以来7年ぶりとなる1年生での1区区間賞を獲得。1万メートルの自己記録は28分35秒72。乃木坂46のファン。167センチ、53キロ。

スタート後、東洋大・西山(左端)を先頭に日比谷通りに飛び出す1区のランナー(カメラ・矢口 亨)
東洋大1区の西山和弥
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請