【阪神】ドラ3木浪、高校同期の中日・京田に続く新人王目指す「肩では勝てる」

雪の中でバットを構える阪神3位の木浪
雪の中でバットを構える阪神3位の木浪

 阪神のドラフト3位・木浪聖也内野手(24)が2日、地元・青森市の青森大室内練習場で自主トレ。青森山田高でチームメートだった中日・京田に続く新人王に意欲を示した。

 「京田に肩では勝てるかなと思います」。高校時代は京田がショート、木浪はサードで三遊間コンビを組んだ。京田はプロ入りした17年に遊撃のレギュラーをつかみ、新人王に輝いた。木浪は「プロの世界で活躍する選手。負けないように追いついて追い越せるように。目の前のことをやって目標(の新人王)にたどり着けるように」と強肩を売りに、旧友との勝負を楽しみにした。

 さらに、阪神で遊撃のポジションを争う北條は宿敵だ。高3夏は県大会3回戦で北條擁する光星学院高(現八戸学院光星)に敗れた。阪神ではチームメートとなるが、再びライバルに。「北條とは一緒に(同じチームで)やっていないので、よく分からないけど、『声』では絶対勝てると思う」と元気さをアピール。マイナス1度、極寒の地でスタートを切った即戦力ルーキーが、「虎の元気印」となって、遊撃争いを加熱させる。(長尾 隆広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請