紅白“勝因”は「NHKホールにサザン」 生でしか味わえない熱狂伝わった

熱唱するサザンオールスターズの桑田佳祐(右)と松任谷由実(右から2人目)
熱唱するサザンオールスターズの桑田佳祐(右)と松任谷由実(右から2人目)

 昨年大みそかのNHK総合「第69回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の平均視聴率が同9時からの第2部で41・5%(関西地区は40・5%)だったことが2日、分かった。2年ぶりに40%の大台を突破した。最終歌唱者のサザンオールスターズが35年ぶりにNHKホールで歌い、コラボした松任谷由実(64)がステージ上で桑田佳祐(62)にキスするなど、サプライズ満点の演出が功を奏したようだ。

 サザンオールスターズを35年ぶりにNHKホールのステージに引っ張り出したことが、NHK最大の“勝因”となった。予定調和ではなかったフィナーレは、第2部中盤のサブちゃんの出番から、一挙手一投足が注目された米津玄師の中継出演を挟み、一連の流れの総仕上げとなった。40%超えは、視聴者の心をがっちりつかんだ証しだ。

 NHKが出演交渉を行う中で、ホール歌唱は大前提だ。生でしか味わえない熱狂は、画面越しでも伝わってきた。報道陣でホール内部に入れるのはカメラマンだけ。番組終了後、汗だくになって記者席に現れ、じかに触れたフィナーレに「こんな盛り上がりは初めて」と興奮していたほどだ。

 桑田&ユーミン、桑田&サブちゃんのように、紅白以外の音楽番組では絶対に見られない今回のコラボは、それぞれがホールで歌唱したからこそ。ユーミンのサプライズに涙したaikoの姿も同様。一連の演出の流れも作り出しやすい。大物に対しても「大前提」を実現させたことが、国民的番組に“威信”を取り戻す結果をもたらした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請