【横浜C】カズ、王国復活へ“オール静岡”結集呼びかけ

城内FCの選手と餅つきするカズ(奥)
城内FCの選手と餅つきするカズ(奥)

 今季でプロ34年目を迎えるJ2横浜Cの元日本代表FW三浦知良(51)が2日、静岡市内の葵小学校で城内FC新年恒例の「初蹴り」に参加。カズは「プロも高校サッカーも、もっともっと“王国”を誇れるようにみんなで努力したい。ジュビロ、エスパルス、高校生もみんなで静岡を盛り上げたい」と、王国復活へ、“オール静岡”の結集を呼びかけた。

 この日はコンディション不良のためプレーは回避したが兄・泰年氏(53)と共に記念撮影や、餅つきに参加。「静岡に戻って母のお雑煮を食べると子どもの頃を思い出すね」と笑顔を見せ、創立50周年を迎える城内FCの後輩たちには「歴史を作るのは彼ら。頑張って」とエールを送った。

 昨季は9試合出場も先発がなく、2年ぶりにゴールも奪えず。3位のチームは参入プレーオフで敗れ、12年ぶりのJ1昇格に届かなかった。「情熱を持って、1試合でも多く、1ゴールでも多く取れるようにやっていきたい」。5日からは例年通り、グアムで自主トレを開始する。来月26日で52歳。静岡が誇るレジェンドは、まだまだ伝説をつむいでいく。(武藤 瑞基)

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請