【高校サッカー】仙台育英、2大会連続2回戦敗退

終了のホイッスルにひざまずく仙台育英GK佐藤(右)ら仙台育英イレブン
終了のホイッスルにひざまずく仙台育英GK佐藤(右)ら仙台育英イレブン

◆全国高校サッカー選手権第3日 ▽2回戦 岡山学芸館1-0仙台育英(2日、西が丘)

 無情のホイッスルが響くと、仙台育英イレブンはピッチに膝をついて天を仰いだ。少ないタッチでゴール前に攻め上がる岡山学芸館のスピードに圧倒され0―1。前回大会に続いて2回戦で敗退。DF堀江凛太郎主将(3年)は「チャンスは作れても押し切れなかった。本当に完封されてしまった試合」と肩を落とした。

 首都圏開催となった1976年度以降、宮城県勢と岡山県勢は、これが3度目の対戦となったが、結果はいずれも0―1。“ジンクス”を覆すことはできなかった。1年生からゴールを守り、この試合では何度もピンチを防いだGK佐藤文太(2年)は「また戻ってきて次はもっと良い成績を残したい」と涙をぬぐった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請