【高校サッカー】羽黒、龍谷に完敗 開始10分までに2失点

後半、龍谷DF陣に囲まれながらドリブルで攻め込む羽黒・嵯峨野
後半、龍谷DF陣に囲まれながらドリブルで攻め込む羽黒・嵯峨野
試合終了後、悔しそうにピッチを去る羽黒イレブン
試合終了後、悔しそうにピッチを去る羽黒イレブン

◆全国高校サッカー選手権第3日 ▽2回戦 龍谷3-0羽黒(2日、フクダ電子アリーナ)

 前回大会の雪辱は今年も果たせなかった。羽黒(山形)は初出場の龍谷(佐賀)に0―3と完敗。前回大会初戦で大阪桐蔭(大阪)に0―6と大敗。当時の主力7人が残り、チーム全体で守備力強化を重点に鍛えてきたが、開始10分までに2失点。DF星野竜弥主将(3年)は「自信があったが、相手のプレスの強度が上回っていた。半分も出せずに悔しい」とうつむいた。

 本街直樹監督(50)も「守備力を磨き自信はあった」と悔しがった。昨年末、MF新井翼(2年)の右目にボールが直撃、眼球出血になり登録を外れる「誤算」も影響した。星野主将は「後輩には山形県勢13年ぶりの勝利を挙げて欲しい」と後を託した。(村上 新太郎)

後半、龍谷DF陣に囲まれながらドリブルで攻め込む羽黒・嵯峨野
試合終了後、悔しそうにピッチを去る羽黒イレブン
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請