【ロッテ】井上がお年玉「乳酸菌ショコラ」1年分ゲット 今季30発で「33年分」狙う

ロッテ乳酸菌ショコラ1年分をプレゼントされた井上
ロッテ乳酸菌ショコラ1年分をプレゼントされた井上

 ロッテ・井上晴哉内野手(29)に2日、ロッテ本社から“お年玉”として「乳酸菌ショコラ」1年分がプレゼントされた。今季、目標に掲げる30本塁打を達成すれば、球団では86年の落合博満以来、33年ぶりの快挙になる。その際には33年分の同商品が贈られることも決まった。

 さいたま市内の工場にて授与式に参加したアジャは「まさかこの年でお年玉をもらえるとは思っていなかったので、メチャクチャうれしいです。元気が出ました。2019年も乳酸菌ショコラパワー全開で一年を乗り切りたいと思います」とエネルギーに変えて、シーズンを戦い抜く決意を示した。

 1月からの自主トレ、2月の石垣島キャンプ、オープン戦、公式戦にも持参することを明かし「1日1回は必ず食べて体調維持を図りたい。もちろんチームメートにもおすそ分けはしますよ」とちゃめっ気たっぷりに笑い飛ばした。

 30本塁打の公約が実現した際にもらえるチョコは、昨年の西日本豪雨の被災地で自身の地元・広島の施設に寄付する考えだ。

 昨季も20本塁打に到達した際に本社から「乳酸菌―」5年分をプレゼントされ、家族を通して広島や熊本の施設などに寄付した背景がある。「(被災者の方々に)とても喜んでもらったので、今年はさらに広い範囲で寄付できるように頑張りたいと思います。たくさん本塁打を打って、チームの勝利に貢献できるようにまずは1月、しっかりと走って打って体を作っていきます! ファンの皆様、今年も宜しくお願いします」と気合をみなぎらせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請