2019年のダービー馬は? ヤマタケ&坂本記者が3歳G1戦線を占う

 昨年のこの時点でダービー馬をワグネリアンと予想した美浦担当の坂本達洋記者と、栗東担当のヤマタケ(山本武志)記者が、いち早く今年の3歳G1戦線の行方を占った。

 ヤマタケ(以下、ヤ) 「昨年はワグネリアンのダービー制覇をズバリ的中の坂本クン。今年も存分に語ってもらいましょうか…、と思ったら、春2冠がサートゥルナーリアって、手堅すぎるやろ!」

 坂本(以下、坂) 「仕方ないでしょう。ここまで、ほぼ持ったままで圧勝。ホープフルSで折り合い面も確認できましたし、既存勢力では頭一つ抜けています。ダービーまでは逆らうのが無謀ってやつです」

 ヤ 「ただ、ホープフルSは半分以上の8頭が1勝馬だったように、本当に強い馬とはまだ戦ってないような気が…」

 坂 「相変わらずひねくれてますねぇ。大丈夫だと思いますが…。で、先輩の注目馬は?」

 ヤ 「池江厩舎のサトノルークス(牡)やな。同日のホープフルSと見劣らない好メンバーだと感じている阪神の2歳500万(芝1800メートル)を完勝。母リッスンの子はPOG的に晩成で、池江調教師も『まだまだ幼い』と口にする現状のなか、早くも2勝したのは非常に優秀でしょう。伸びしろならこの馬!」

 坂 「牡馬とは違い、牝馬路線は混戦だと思います。そのなかでも藤沢和厩舎がカギを握りそう。シェーングランツの阪神JF4着は悲観する内容ではありません。姉のソウルスターリングは早い時期から活躍。アルテミスSの走りからもマイルでこそです。あと、素質は一番だと思っているグランアレグリアの反撃も怖い」

 ヤ 「確かに牝馬路線は難解やな。イチ押しは底知れないスケールを感じる矢作厩舎のラヴズオンリーユーと、去年から追いかけているビーチサンバかな。ビーチは前走の阪神JFこそ完成度の差が出たが、春は逆転も十分にあると思う。現3歳が好調な友道厩舎の勢いにもあやかりたい」

 坂 「友道厩舎ならアドマイヤマーズですよ。スピードを生かす路線に投入すれば当然、厚い印が必要です」

 ヤ 「どこまでも手堅いな…。友道厩舎なら、俺が最後まで入れようか迷ったワールドプレミア(牡)に注目しとけよ。この馬も化ける可能性は大きいと見ている」

 坂 「ヤマタケさんが迷った末に切った馬は走るって何度も聞いたような…」

 ヤ 「今年の干支は亥だぞ。猪突猛進型の俺はそんなことを気にせんよ!」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請