【箱根駅伝】大東大・新井康平「痛い痛い…」スタート直後転倒、8分40差でたすきつなぐ

一斉にスタートする選手(カメラ・矢口 亨)
一斉にスタートする選手(カメラ・矢口 亨)

◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走は2、3日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前~神奈川・箱根町の芦ノ湖を往復する10区間217・1キロで開催。2日の往路(5区間107・5キロ)が定刻の午前8時にスタートした。その直後、いきなりアクシデントが発生。わずか200メートル地点で大東大の新井康平(4年)が転倒し、足を路面に激しく打ちつけた。顔をしかめ、足を引きずりながら必死に最後尾から集団を追走した。

 新井は徐々に遅れ始め、再び苦悶の表情で走った。最後は力を振り絞って大手町・読売新聞東京本社から鶴見中継所の21.3キロを走り抜き、2区の川澄克弥(3区)にトップから8分40秒差でたすきをつないだ。中継所ではすぐにアイシングなど治療を受け「痛い痛い」と口にしていた。

 平成最初(1990年)と2回目(1991年)の箱根駅伝を制した名門、大東大が平成最後の箱根駅伝で、早くも大ピンチに見舞われた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請