紅白「成功」の裏で問われる歌合戦の意義

平成最後の紅白歌合戦は白組が勝利
平成最後の紅白歌合戦は白組が勝利

 「第69回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。平成最後の紅白にふさわしい出場歌手らが熱唱を繰り広げ、35年ぶりに同ホールに帰ってきたサザンオールスターズが破天荒なステージを展開しフィナーレを迎えた。

 午後11時25分頃。最終歌唱者のサザンがステージに登場すると、舞台裏にある楽屋口の通路にあるモニター周辺に、「サザンが見たい」と50人ほどの人だかりができた。ボーカルの桑田佳祐(62)が平成の名曲「希望の轍(わだち)」を歌い始めると、通路に並んでいた乃木坂46のメンバーが曲に合わせて体を揺らせ、手を叩いた。

 2曲目のデビュー曲「勝手にシンドバッド」が流れると、盛り上がりは加速。桑田が途中で「サブちゃーん」と声を張り上げ、北島三郎(82)を舞台に呼んだ。松任谷由実(64)も再び登壇。隣で腰をくねらせ踊り始め、桑田の頬にキスした。桑田は歌詞を変え「ラララ~ラララ、ユーミンさ~ん♪」と絶叫すると、ユーミンも「ラララ~ラララ、くーわく~ん♪」と呼応。デビュー時代に戻ったような“何でもあり”のパフォーマンスを終えると、桑田はステージ上でぶっ倒れた。

 大御所たちの豪華共演に、楽屋口の通路では、モニターに見入っていた出演者から自然と大きな拍手がわき上がった。番組終了後に、取材に応じた総合司会の内村光良(54)も、サザンのステージについて「まさかのユーミンさんの乱入があるとは本当に誰一人予想できなかった。全部吹っ飛んだ。本当に夢のような世界だった」と驚きと感動が入り交じった様子。番組関係者も「素晴らしいものを見られた。大成功でしたね」と満足げな笑みを浮かべた。

 11月14日の出場歌手発表時には「目玉がない」との指摘もあったが、NHKは12月に入り、次々と大物歌手の起用を発表した。4日に2013年の紅白卒業以来5年ぶりとなる北島の出演が決定。12日にサザン、25日にYOSHIKIと共演した英国歌手のサラ・ブライトマン(58)が発表された。さらに26日に初のテレビ生出演となる米津玄師(27)が故郷・徳島から大ヒット曲「Lemon」を歌唱することも決まった。そうした追加発表により、世間の関心も一気に高まった。

 気になったのは、サザンが特別企画枠での出場で事実上の“大トリ”を務めたことだ。本来は紅組、白組のいずれかが最終歌唱者となるところだが、今回は極めて異例の試みとなった。これまでの出場では白組だったサザンが、紅組でも白組でもない特別な歌手として締めくくったのである。そして冒頭にあるような、ど派手なパフォーマンスで大きな話題をさらった。

 最終結果発表で視聴者投票は、紅組240537票に対して白組は411931票を獲得し、ほぼダブルスコアとなった。ゲスト審査員票は9対2で紅組、会場票は1176票対1453票で白組となり、白組の優勝が決まった。この結果に「最後のサザンを白組として見た視聴者が多かったのではないか」と指摘する声もあった。

 今回は北島も「夢を歌おう」特別企画の出演者。YOSHIKIに至っては、紅組、白組両方に属する歌手として出場した。紅白は言うまでもなく対戦形式で行われるイベント。その中で椎名林檎(40)と宮本浩次(52)を含め、どちらの組にも属さない歌手が注目された感は否めない。

 昭和から平成にかけてトップを走り続けたサザンが“究極の大トリ”を務めたことに異論はない。ただこうした特別企画枠が増えていくと、「歌合戦」という意義も希薄になりかねない。歌合戦の様式を保ちながら、いかにエンタメ性を追求していくか。これも紅白の制作、演出上の難しさだ。

 本番前、NHKの上田良一会長は今回の豪華ラインアップについて「紅白はNHKにとって最大のイベント。皆さんが紅白に思い入れを持っていただけるのは、NHKを代表してお礼を言いたい」と感謝。視聴率については数字にこだわらないとしながらも、引退した安室奈美恵さん(41)のラスト紅白となった前回を「超えるといいですね」と期待感を示した。

 前回の平均視聴率は同9時からの第2部で39・4%(関西地区は39・6%、ビデオリサーチ調べ)と2年ぶりに40%に届かず、歴代ワースト3位の数字を記録。今回は最初から最後まで要所に注目歌手を配し、中だるみのない演出に成功したように見えた。平成最後の紅白は、視聴者にどう響いたのか。2日に発表される視聴率が気になる。(記者コラム)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請