純烈、紅白出演後にスーパー銭湯3店に凱旋ライブ…午前3時に大熱狂

紅白出演後にスーパー銭湯で凱旋ライブを行い、ファンと握手するリーダーの酒井。後方は後上
紅白出演後にスーパー銭湯で凱旋ライブを行い、ファンと握手するリーダーの酒井。後方は後上
純烈のスーパー銭湯凱旋(埼玉・湯之泉草加店)
純烈のスーパー銭湯凱旋(埼玉・湯之泉草加店)

 「夢は紅白、親孝行」をキャッチフレーズに掲げ、第69回NHK紅白歌合戦に結成11年にして初出場を果たしたムード歌謡コーラスグループ・純烈が、紅白出演後にスーパー銭湯に向かい、凱旋ライブを行った。下積み時代から「お世話になった」という湯乃泉健康センター3店を、東京・渋谷のNHKホールでの出演後に相次いで回り、ファンに紅白出場と白組優勝を報告し、喜びを分かち合った。

 時計の針は午前3時を回っていたが、メンバー5人がまず登場した草加店では熱烈なファン約150人が出迎え、テレビカメラも5台入るなか、大きな拍手とともに「おめでとう~!」と黄色い歓声が飛び交った。リーダーの酒井一圭が「(初紅白は)無我夢中すぎて記憶があいまい。サザンの『勝手にシンドバット』、DA PUMPの『U.S.A.』とサブちゃんの『まつり』しか覚えてない」と報告すると、会場は大爆笑。リードボーカルの白川裕二郎は「なんかフワフワしていた2、3分間。11年間走り続けてきて、いざとなってみると、ほんとに紅白に出たのかな、と。でも、いろんな思いをかみしめて出られた」と感慨深げ。友井雄亮は「会場のみなさんも一緒になって踊ってくれたけど、(総合司会の)ウッチャンや(審査員の)永野芽郁ちゃんも踊ってくれたのがうれしかった」。後上翔太は「この(スーパー銭湯の)雰囲気を感じながら歌えた」とファンと喜びを分かち合った。小田井涼平は「坂本冬美さんが話されていたけど、ファンの人がステージ上がったの、初めてだったそう。紅白に関しては一発屋でもいいと思っていたけど、1回(紅白に)出た人がまた出たくなるの、こういうことなんだって分かった。出られなかったらジェラシー感じちゃう」と話し、2019年の紅白連続出場に意欲を見せた。妻でタレント・LiLiCoのサプライズ出演が注目され、酒井からは「あれっ、来なかったの?」と突っ込まれていたが、話題を振りまいた形になった。メンバーは草加店の後は、東名厚木店、相模店と回り、朝方までかかってファンに感謝の思いを伝え、喜びをともにした。

 悲願の紅白では11番目に登場。スーパー銭湯のステージセットが用意され、常連ファンのマダムたち30人以上も“ゲスト出演”するなか、いつものライブで繰り広げるファンとの触れ合いのなかで「プロポーズ」を熱唱した。持ち歌のほか、DA PUMPの「U.S.A.」ではステージ後方で他出演者とともに「いいねダンス」を完全マスターして披露したり、北島三郎の「まつり」を盛り上げたりした。平成最後の紅白に出場し、白組優勝にも立ち会い、酒井は「2019年も出られるように、また頑張る!みなさん、ヨロシク」と力強く話し、最後まで会場は熱気に包まれていた。

紅白出演後にスーパー銭湯で凱旋ライブを行い、ファンと握手するリーダーの酒井。後方は後上
純烈のスーパー銭湯凱旋(埼玉・湯之泉草加店)
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請