【RIZIN】那須川天心、メイウェザーに完敗し号泣

メイウェザー(右)に完敗し泣き顔の那須川
メイウェザー(右)に完敗し泣き顔の那須川

◆Cygames presents RIZIN.14 ▽スペシャルエキシビション(ボクシグルール3分3回戦) ○フロイド・メイウェザー(TKO1回2分9秒)那須川天心●(12月31日・さいたまスーパーアリーナ)

 プロボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(41)=米国=が、エキシビションマッチで格闘家・那須川天心(20)=TARGET=に圧勝した。容赦ない攻撃で、キックボクシング界の“神童”から3度のダウンを奪い、1回TKO勝ち。「平成最後の異種格闘技戦」と銘打たれたリングで伝説のボクサーが貫禄を示した。(観衆2万9105)

 キックの神童、那須川は1回TKO負けを喫し、悔し涙にくれた。蹴りが認められない不利なルール、前日計量の段階で、ボクシングでは3階級分に匹敵する4・6キロの体重差。自らは8オンス、メイウェザーは10オンスのグラブを着用と“ハンデ”をもらったが、力の差は歴然だった。

 ゴングが鳴る直前まで奇声を上げるなど、完全に“見せ物モード”の相手とは対照的に、気迫のこもった表情で序盤から果敢に挑んだ。「日本を代表して戦う」。得意の左ストレートを顔面に浴びせたが、ここでスイッチが入ったメイウェザーの鋭いパンチを浴びて倒れた。一度は立ち上がったが、連続でフックを食らい、3度目のダウンを奪われたところでTKOを宣告された。

 今回はエキシビションのため、プロ格闘技32戦無敗の経歴に傷はつかない。レジェンドに立ち向かった未来ある20歳のファイターは格闘界にその名前を残した。(岩原 正幸)

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請