滝沢秀明が笑顔で引退…タッキー&翼「カウントダウン」でラストステージ

タッキー&翼
タッキー&翼

 2018年9月に解散した滝沢秀明(36)、今井翼(37)によるデュオ「タッキー&翼」が31日、東京ドームで行われた年越しライブ「ジャニーズカウントダウン2018―2019 平成ラストの夢物語!ジャニーズ年越し生放送」でファンに最後の別れを告げた。カウントダウンを終えた午前0時30分過ぎ、ステージに姿を見せた2人はがっちり握手を交わした。滝沢は18年いっぱいでタレントを引退。「23年間、めちゃめちゃ楽しかったです」と笑顔でラストステージを終えた。

 ステージには、かつて2人のバックダンサーを務めたJr.ユニット「4TOPS」だった山下智久(33)、生田斗真(34)、風間俊介(35)、長谷川純(33)も登場した。「REAL DX」など3曲。近藤真彦(54)らも惜別に駆け付け、少年隊・東山紀之(52)とKinKi Kids・堂本光一(40)からは花束を手渡された。

 すでに事務所を退社している今井は「これからそれぞれの道を歩みますが、みなさんに恩返しできるように」と今後への思い。最後はオールラインアップでV6の「Can do! Can go!」で締めくくり、新年からプロデュサー業に転身する滝沢は「さらにジャニーズを盛り上げていきたいと思います」と声高らかに誓った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請