【巨人】原監督、初夢オーダーは2番・丸…新年インタビュー〈前編〉

チームスローガンを力強く書いて笑顔を見せる原監督。4年ぶりの指揮へ、エネルギーは満ちている(カメラ・橋口 真)
チームスローガンを力強く書いて笑顔を見せる原監督。4年ぶりの指揮へ、エネルギーは満ちている(カメラ・橋口 真)
巨人の18年開幕オーダーと、19年の開幕“夢”オーダー
巨人の18年開幕オーダーと、19年の開幕“夢”オーダー

 巨人・原辰徳監督(60)が、新年を迎え、スポーツ報知に新生・巨人を語り尽くした。広島からFAで加入した丸を2番で起用する“初夢オーダープラン”を披露。小林や長野にはピリッとしたコメントを残した。戦術面にも踏み込み、初回無死一塁での送りバントは「全く考えない」と言い切った。31日に発表されたチームスローガン「Show The Spirit~和と動」に込めた思いとは? これを読めば、今季の巨人の全てが分かる。(取材・構成=西村 茂展、片岡 優帆)

 原監督の第3次政権が幕を開けた。チームは史上ワーストタイの4年連続V逸という荒波の中での船出。いきなり正念場を迎える。

 「陣容はそろった。あとは組み立て作業に移行していく」

 このオフは「左の強打者」「捕手」「勝負強い右打者」を補強ポイントにそれぞれ丸、炭谷、中島を獲得した。先発候補に岩隈を、外国人でも強打のビヤヌエバ、守護神候補・クックを迎え入れ、大型補強を敢行した。

 「目的はチームが勝つこと。じゃあ勝つためにどうするんだという意思力があるのが補強でしょ。もしこの補強で刺激になってない選手がいるならば、目的が小さかったり、まだプロ野球選手として目覚めていない人たちだと思う」

 どのような開幕オーダーを描いているのか。昨年全試合に出場して打率3割9厘、33本塁打、100打点で史上最年少の「3割・30発・100打点」を達成した岡本の「4番・三塁」は決まった。最大の注目は17、18年、セ・リーグMVPの丸の起用法だ。広島時代と同じく3番なのか。

 「すごく考える。慣れた、少し楽な状態で野球をやらせたいのはある。でも、理想でいくならば、2番に置けたらすごい打線になる」

 メジャーでも主流となりつつある「2番最強打者説」。データを重用するMLBでは、3番は2死無走者で回るケースが多く、強打者を2番に置いた方が、得点力が上がるという考えだ。

 「2番は吉川尚とか、順当に考えればそういうタイプになるけど、それじゃあまり面白くないな。しかし、2番に勇人であったり、丸を置けたら、どういう打線になるかなと。初夢的で非常に楽しみな部分だね」

 初夢、という言葉で含みを持たせた「2番・丸」だが、それは原監督の野球スタイルに合致する。初回無死一塁で犠打を選択するかの問いに、首を横に振った。

 「全く考えない。(初回に)2点を取りにいく。1点を取る野球は(接戦の)終盤ならある。でも初回にバントでアウト1個あげたら相手も楽。1死二塁でいいじゃない、となるよね」

 さらに原監督は言う。4番を生かすも殺すも5番だ、と―。“有資格者”は今季、メジャー20発男だった。

 「松井があれだけ打てたのも、清原がいたから。4番を孤独にさせないように、力を束ねるのが僕の役割。ビヤヌエバには期待したい。十分に力を持っている。ゲレーロもそう。相手に『岡本を歩かせたら次、あいつだぜ』と思わせないと。『後ろあいつだから岡本とは勝負しない』。これじゃ話にならない」

小林は勝ち取らないと 開幕(3月29日・広島戦)投手は菅野に託すと決めている。受ける捕手は誰か。昨年までコンビだった小林に一日の長がある。

 「小林は勝ち取らないとダメ。炭谷、慎之助を抜かなきゃいけない。投手に捕手を指名させるようなことはしない。捕手は試合が始まったら監督だから」

 好相性を誇った「スガコバ」解体の可能性まで示唆した。それは小林を買っている証拠であり、さらなる飛躍を願う発言でもあった。

 「智之は相手を選ばなくたってできるはず。逆に言うと、そのことが小林の成長を抑えているかもしれない。力のある投手で勝つことは難しいことではない。『力のない投手でもあいつに任せるといい投球をする』と言われるのがいい捕手」

 丸の加入で中堅は埋まった。残る両翼の定位置争いは激化する。主力であっても、立場は保証されない。

 「外野手争いは面白い。陽岱鋼は持っているものはすごい。あとは精神面でもっと強いものを出してくれるといい。長野も特にここ数年、春先が悪い。だから言おうと思ってる。開幕前に悪いと判断したら『半袖がちょっと着れるような時期になったら呼ぶよ』と。力は認めている。うまく使えばすごい戦力になる」

 初めて指揮を執った02年は、二岡智宏が2番で87試合に出場、21本塁打で優勝&日本一に貢献した。巨人の2番で20本塁打以上打ったのは二岡だけだ。前年4位からの再建に取り組んだ07年は、新加入の谷佳知を109試合で2番に起用。3割2分6厘で優勝に貢献した。昨季の巨人は9人が2番に座り、最多は吉川尚の66試合。丸は広島時代の13年に2番で30試合、打率3割4分8厘、15年には18試合で3割3分3厘を記録し、16年以降は3番打者に完全に定着した。

 後編へ続く

 ◆原巨人の過去の指針 かつては監督指針を漢字2文字で定め、これに「Show The Spirit」のフレーズを加えたものがチーム指針となるケースが多かった。02、03年のようにチーム指針が「Show The Spirit!」だけの年もあった。12年からは監督指針とチーム指針の区別は実質的になくなった。

 ◆原貢と辰徳の父子鷹 74年に辰徳氏は父・貢氏が監督を務めていた神奈川・東海大相模に入学。親子である以上、チームの和を保つため「おまえのライバルの力が少し劣っているくらいでは、俺は彼(ライバル)を試合で使う」という厳しい指導の下、74夏、75年春、夏、76年夏と4度甲子園に出場。辰徳氏の東海大進学と同時に、貢氏が同野球部の監督に就任。4年間で7度、首都大学リーグ優勝を勝ち取った。

 ◆原 辰徳(はら・たつのり)1958年7月22日、福岡・大牟田市生まれ。60歳。東海大相模高、東海大を経て80年ドラフト1位で巨人入団。81年に新人王、83年は103打点で打点王とMVP。95年に現役引退。野手総合コーチなどを経て02年に監督就任。03年オフに退団し、06年に巨人監督復帰。09年第2回WBCで日本代表を世界一に導いた。15年オフに退団。巨人では指揮を執った12年間でリーグ優勝7度、日本一3度を含む通算947勝712敗56分け。18年1月に野球殿堂入りを果たした。181センチ、88キロ。右投右打。

チームスローガンを力強く書いて笑顔を見せる原監督。4年ぶりの指揮へ、エネルギーは満ちている(カメラ・橋口 真)
巨人の18年開幕オーダーと、19年の開幕“夢”オーダー
すべての写真を見る 2枚

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請