【DeNA】ラミレス監督熱望「日本人で開幕」…来日19年目、帰化申請中

DeNAのアレックス・ラミレス監督
DeNAのアレックス・ラミレス監督

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が31日、「日本人で開幕」を熱望した。

 18年1月に帰化申請したことを明かし、同年中にも取得できる見込みだったが、書類の取り寄せなどに時間を要してしまったという。15年に美保夫人と再婚し2人の子供にも恵まれ永住を決意していた。2001年にヤクルトに入団し、来日19年目となる指揮官は「今年中には(日本籍を)取れると思う。希望としては(3月末の)開幕を日本人として迎えられれば。もっと言えば(2月に)沖縄キャンプも日本人として迎えられれば。なるべく早く取れればと思います」と、熱い口調で語った。

 監督就任4年目となる今季は、日本人監督としてリーグ制覇が目標。さらにその先に侍ジャパン監督就任の夢を持っている。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請