【高校サッカー】星稜が2年連続初戦突破!全国初ゴールから岩岸2発

初戦突破を導き、笑顔で応援席にあいさつする星稜・岩岸(手前左)
初戦突破を導き、笑顔で応援席にあいさつする星稜・岩岸(手前左)
後半16分、頭で2点目を決めた岩岸(中)
後半16分、頭で2点目を決めた岩岸(中)

◆全国高校サッカー選手権第2日 星稜2-0関西学院(31日、柏の葉)

 2年連続28度目出場の星稜(石川)は、関西学院(兵庫)に2―0で完封勝ちし、2年連続で初戦を突破した。背番号10のFW岩岸宗志主将(3年)が、自身全国初ゴールを含む2得点で存在感を放った。

 待ちわびた瞬間は、早々に訪れた。前半6分。星稜・岩岸がゴール前中央のこぼれ球に反応した。鋭く右足を振り抜き、鮮やかな先制ゴール。高校総体を合わせて、自身4度目の全国大会で初めての得点だ。「全国で点を取ることにはこだわってきた。初戦なので、チームの緊張を解くためにも(早い時間帯で)シュートを打って、それが点につながって良かった」と声を弾ませた。

 喜びは何度でも味わいたい。後半16分にはMF有馬大勢(3年)の絶妙な左CKに対し、巧みな動きでフリーになると頭で押し込み2点目。「CKはチームで練習してきた形で、自分は決めるだけだった。チームで挙げた得点です」。主将らしく、フォア・ザ・チームを強調した。

 背番号に恥ずかしくない、堂々とした戦いで結果を出した。OBの元日本代表FW・本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー=も付けた10番は、県大会決勝でも2得点で連覇に貢献するなど、ここ一番で強さを発揮してきた。河崎護監督(59)も「緊張する前に、主将が先制点を取ってくれた」とその一発に感謝。現チームの始動時、主将を決める際には有馬やGK林海渡(3年)など強いリーダーシップを発揮する選手もいる中、指揮官は「『自分が、自分が』じゃなくて、うまく話しながら、周りの良さを引き出せる」と岩岸を高く評価した。大役を担ったストライカーは、「反発されたこともあったけど、いい意味で言い合えるチーム。課題を解決する度に強くなれた。自分も、少しはまとめられるようになったのかな」と“調整役”として結果を出した。

 2日の2回戦は明秀日立(茨城)と対戦。前回大会の2回戦、0―1で敗れた因縁の相手だ。2年生で出場していた岩岸は、「先輩たちの悔し涙を近くで見た。自分たちがリベンジしたい。2回戦をしっかり突破して、優勝に向けて勝ち上がっていきたい」と気合十分。「次も決められるところでしっかり決める」と2戦連発も視野にいれる背番号10が、4大会ぶりの頂点へ、星稜を勢いづける。(竹内 竜也)

初戦突破を導き、笑顔で応援席にあいさつする星稜・岩岸(手前左)
後半16分、頭で2点目を決めた岩岸(中)
すべての写真を見る 2枚

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請