馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 函館

謹賀新年(美浦)

 明けましておめでとうございます。新しく美浦の担当となりました坂本と申します。競馬担当としては今年で3年目となりますが、何とぞよろしくお願いいたします。

 さっそく奥村武厩舎からいきましょう。1月デビューを控えた新馬が何頭もスタンバイしています。【アトラクティヴ(牝、父スクリーンヒーロー、母シンハディーパ)】は、1月12日の中山新馬戦(芝1600M)を予定しており、奥村武師は「動きはシャキッとしていていい。トモ(後肢)の力強さも出てきた」と仕上がりの良さを評価。【ネガイ(牝、父ルーラーシップ、母ラヴィアンフルール)】は「ケイコで坂路を楽に登れているし、けっこう走ると思います。動きが軽くて芝向きです」。【サマーアイランド(牡、父ロードカナロア、母ジュリエットソング)】は「普段はおとなしいけど、(調教で)速いところに行くとスイッチが入る。これはいいですよ」。この2頭も同じ新馬戦に登録する予定です。【リーピングリーズン(牝、父ブラックタイド、母ジョウノファミリー)】は、17年のフェアリーSを制したライジングリーズンの全妹。1月13日の中山新馬戦(ダート1800M)を田辺騎手でスタンバイして、「パワーがあって動きはいい。初戦から勝ち負けになるレベル」と期待が伝わってきます。

 栗田徹厩舎の新馬では、【ノンストップ(牝、父オルフェーヴル、母メイビーフォーエヴァー)】が1月12日の中山新馬戦(芝1600M)を予定しています。「俊敏な動きでスピードがありそう」と、指揮官は好感触をつかんでいます。黒松賞を制した【ホウオウカトリーヌ(牝、父マツリダゴッホ)】は、予定通りフェアリーS(1月12日、芝1600M)に向かいます。

 鹿戸厩舎からは、【ブライトアクトレス(牝、父スクリーンヒーロー、母タマヒカル)】が1月13日の中山新馬戦(ダート1800M)でデビュー予定。【ダンホーキラー(牡、父キングヘイロー、母モガミヒメ)】は、1月14日の中山新馬戦(ダート1200M)を予定しており、鹿戸師は「なかなかスピードがあっていい。芝を使いたいが、(短距離の)番組がないのでダートからだけど、こなせるでしょう」とコメント。【スピーナ(牝、父ハーツクライ、母ローズキャサリン)】は、1月20日の中山新馬戦(芝1600M)に向けて調整を進めています。

 藤沢和厩舎では札幌で新馬勝ち(8月12日、芝1800M)した【ミリオンドリームズ(牝、父フランケル)】が、クイーンC(2月9日、東京・芝1600M)に向かうとのことです。在厩でじっくりと調整されており、どんな走りをするか楽しみですね。

 それでは今回はこのへんで。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請