メイウェザー、「素晴らしいショーを楽しんで」 那須川戦終了即帰国 

計量後、ステージに登場したメイウェザー(左)と那須川(右)(中央は高田統括本部長)
計量後、ステージに登場したメイウェザー(左)と那須川(右)(中央は高田統括本部長)

◆Cygames presents RIZIN.14(31日・さいたまスーパーアリーナ)

 31日の格闘技イベント「RIZIN.14」で格闘家・那須川天心(20)=TARGET=とエキシビション戦を行うプロボクシング元世界5階級王者のフロイド・メイウェザー(41)=米国=が超異例の“日米ダブル年越し”を迎えることが30日、分かった。会場で行われた公開計量後に「RIZIN」の榊原信行実行委員長が明かした。

 50戦50勝の男はすべてが規格外だ。榊原氏は「(31日夜に)試合してシャワーを浴びたら、米国のカウントダウンに間に合うように帰るようだ」。プライベートジェット移動のため試合後に日本で年を越し、時差のある米国に帰って再び新年を迎えることも可能だ。

 計量は事前に行われ、66・7キロ(那須川は62・1キロ)でクリアしたことが発表された。約1000人を前にスーツと帽子姿で現れたメイウェザーは「明日は素晴らしいショーを楽しんで」と、ガムをかみながら上機嫌にあいさつした。

 一方、グラブについてメイウェザー側は両者8オンスの着用を要求。4・6キロの体重差があるため、RIZINと那須川側は安全性を考えてメイウェザーだけ10オンスの着用を求めているが、決着がついたかどうかは明かされなかった。

(岩原 正幸)

 体重差不利も「ぶっ倒す!」
 プロ格闘技32戦無敗のキックの神童・那須川は「日本の皆さん、俺が必ずメイウェザーをぶっ倒します!」と宣言した。今回、禁止となっている蹴りを出した場合には一発で約5億円超の罰金が設定されているという。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請