伊藤雅雪、凱旋初防衛!最強挑戦者をボッコボコ 米でV2戦浮上「統一戦は望むところ」

7回TKO勝ちで初防衛に成功した伊藤は、雄たけびを上げて喜んだ(カメラ・関口 俊明)
7回TKO勝ちで初防衛に成功した伊藤は、雄たけびを上げて喜んだ(カメラ・関口 俊明)

◆報知新聞社後援 プロボクシング・トリプル世界戦 ▽WBO世界スーパーフェザー級(58・9キロ)タイトルマッチ12回戦 ○王者・伊藤雅雪(7回 TKO)同級1位エフゲニー・チュプラコフ●(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27)=伴流=が、指名挑戦者の同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28)=ロシア=を7回TKOで下し、初防衛に成功した。伊藤の戦績は25勝(13KO)1敗1分け、チュプラコフは20勝(10KO)1敗。WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26)=BMB=は同級7位サウル・フアレス(28)=メキシコ=に3―0で判定勝ちし、5度目の防衛を果たした。

 メインで抜てきされた年末リングをTKOで締め、伊藤は「求められていたのがKOだったので安心した」と端正なマスクをほころばせた。7回2分過ぎ。7月に日本人37年ぶりとなる米国での世界王座を獲得した連打が爆発した。右ボディーと耳裏への左フックが効き、挑戦者の出足が止まるや「これはいける」と確信した。

 コーナーに詰め、10発以上のパンチで20戦無敗の難敵をギブアップさせた。レフェリーがタオル投入に気づくまでの数秒間、一心不乱に拳を回した。「年末のヒーローになりたかった」と映画「スーパーマン」の曲に乗って入場。内山高志や井岡一翔らが務め「選ばれた者しか立てないリング」で主役を演じ切った。

 執拗(しつよう)なクリンチからの頭突きで左まぶたをカットして逆上しかけたが、直前の米国合宿で特訓した「支配するボクシング」を思い出し修正した。「内山さんや井上尚弥のような必殺のスペシャルなパンチはないけど、ハートがある」。V2戦の開催地には、自身が望む米国が浮上。試合も米スポーツ専門局ESPN+で全米に放送された。「WBC王者ベルチェルト(メキシコ)が僕の名前を出してるし、統一戦は望むところ」と息巻いた。

 責任感が強く常に前向きなナイスガイは、サラリーマン時代の苦労が生きている。駒大で1年留年した際、妻・衣理香さん(28)が身重になり経済的にも八方ふさがりに。所属ジムの会員だった織布製作会社の社長に雇ってもらい「2年間、死に物狂いでしのいだ」。午前中は大学に、午後は営業マンからのボクシング。常に「人一倍」が信条となった。09年9月に生死の境をさまよったバイク事故で痛めた左手首は、今でも小銭を取れず可動域も狭いが、努力で克服した。

 プロ10年目の来年は“モンスター”井上尚弥(大橋)のようにビッグマッチだけを狙う。「僕にしかできない唯一無二のことを成し遂げたい。『伊藤! よくやった!』とたたえられる試合がしたい」。好きな言葉は「テッペンを取る」。スーパーマンへの第一歩を力強く踏み出した。(小河原 俊哉)

 ◆伊藤雅雪(いとう まさゆき)

 ▽生まれとサイズ 1991年1月19日、東京・江東区。27歳。身長174センチの右ボクサーファイター。本名は「雅之」

 ▽デビュー 駒大1年時の09年5月にプロデビュー。12年12月に全日本スーパーフェザー級新人王を獲得。15年8月に東洋太平洋同級王座獲得(3度防衛後に返上)。通算25勝(13KO)1敗1分け

 ▽37年ぶり快挙 7月に米国で王座奪取。日本人では81年11月のWBA世界スーパーウエルター級王座決定戦・三原正以来37年ぶり

 ▽バスケットボール 小6から駒大高時代までプレー。リングにぶら下がれる跳躍力が自慢で、好きな漫画は「スラムダンク」

 ▽CMも 14年に日本中央競馬会のCMで俳優・竹野内豊と共演し、イケメンボクサーとして話題に

 ▽家族 妻・衣理香さん(28)、長女・愛音ちゃん(4)、次女・愛海ちゃん(3)。ペットは猫のララとレンレン、マイクロ豚のゆず

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請