千葉翔也 橋と人の“懸け橋”に 「橋は100年続いていく建造物。思い入れがあるんです」

 俳優の千葉翔也(23)と染谷俊之(31)が30日、都内で行われた「ハシダンシ」プロジェクトの制作記念トークショーにキャラクターの声優として出席した。

 隅田川など東京の河川に架かる橋をテーマにしたアニメキャラクターを、さまざまなコンテンツやイベントなどでPRに活用するプロジェクト。千葉は「吾妻橋をよく渡っていたりして、橋には思い入れがあるんです」と語りつつ「橋の下で屋形船で宴会をしてみたいですね。橋は10年、100年と続いていく建造物。吾妻橋、両国橋だけでなく、橋と一緒に歩んでいけたら」とし、橋と人の“懸け橋”になる意欲を述べた。

 染谷は「今年はいろいろやらせていただきましたが…平成は橋で締めます!」とうれしそう。「クルージングのイベントをしたことがあるのですが、橋の下をくぐると人ってテンション上がるんですよね。やっぱり新鮮なんです」と橋への愛情を語り「橋には渡ること以上の役割がある。人に会いに行けたり、街が発展したりする。橋の素敵な魅力を伝えていけたら」と力強く語っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請