伊藤雅雪、TKO初防衛!最強挑戦者退け来年は米国進出だ

1回、エフゲニー・チェプラコフに右フックを打ち込む伊藤雅雪(右)
1回、エフゲニー・チェプラコフに右フックを打ち込む伊藤雅雪(右)

◆報知新聞社後援 プロボクシング・トリプル世界戦 ▽WBO世界スーパーフェザー級(58・9キロ)タイトルマッチ12回戦 ○王者・伊藤雅雪(7回 TKO)同級1位エフゲニー・シュプラコフ●(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(27)=伴流=が初防衛に成功した。指名挑戦者の同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28)=ロシア=に7回TKO勝ち。7月に日本人37年ぶりとなる米国での王座奪取に成功した新星が、自身初となる国内開催の世界戦でメインイベントの大役を果たした。伊藤の戦績は25勝(13KO)1敗1分け、チュプラコフは20勝(10KO)1敗。

 伊藤が平成最後の国内年末リングで、新たなスターに名乗りを挙げた。

 無名のボクサーから7月に米国で37年ぶり日本人世界王者となり、抜てきされた凱旋リングで、20戦無敗の挑戦者を撃退。かつて内山高志や井岡一翔らが主役を張り、「選ばれた者しか立てない」年末リングのメインを務め切った。

 数年前から試合直前に合宿を行う米ロサンゼルスで300ラウンドを超える猛特訓で準備を積んできた。「日本選手と違い、セオリーが通じない外国選手を倒す」ための追撃パンチに磨きをかけ、接近しても距離をあけても試合を支配し、KOにつなげるボクシングを完成させてリングに上がった。

 試合は米スポーツ専門局ESPNで全米放送され、きっちり名前を売った。プロ10年目の節目となる来年。今年を席巻した“モンスター”井上尚弥(大橋)のように米国本格進出も現実味を帯びる。国内での複数防衛はショートカット。標的は「階級を超えた世界最強」と称される3階級制覇のロマチェンコ(ウクライナ)らビッグネームだ。「来年の春は正直、米国だと思ってるし、僕のキャリアも充実する。統一戦だったり大きな試合がしたい」と描く。

 責任感が強く、常に前向きなナイスガイだ。サラリーマン時代の苦労が伊藤を大きくした。駒大で1年留年した際、妻の衣理香さん(28)も身重になり経済的に八方ふさがりに。ジムの会員だった織布製作会社の社長に雇ってもらい、「2年間、死に物狂いでしのいだ」。午前中は学校、午後は営業マンからのボクシング。常に「人一倍」が信条となった。09年9月に生死の境をさまよったバイク事故で痛めた左手首は今でも小銭を取れず可動域も狭い。しかし「人一倍」の努力で克服した。

 好きな言葉は「テッペンを取る」だ。

 ◆伊藤 雅雪(いとう・まさゆき)1991年1月19日、東京・江東区生まれ。27歳。東京・駒大高でバスケットボール部に所属。18歳からボクシングを始め、駒大1年の09年5月にプロデビュー。12年12月に全日本スーパーフェザー級新人王を獲得。15年8月に東洋太平洋同級王座獲得(3度防衛後に返上)。18年7月にWBO世界同級王座を獲得し、日本人37年ぶりとなる米国での王座奪取。身長174センチの右ボクサーファイター。家族は両親と兄、姉2人、妻、娘2人。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請