TDL名物だった「スカイウェイ」…東京ディズニーリゾート誕生秘話<4>

TDL名物だったロープウェー「スカイウェイ」
TDL名物だったロープウェー「スカイウェイ」

 東京ディズニーランド(TDL)は1983年4月15日に開園した。2001年9月4日に開園した東京ディズニーシー(TDS)も含めた東京ディズニーリゾート(TDR)で展開中の「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」は3月25日にグランドフィナーレを迎える。TDRを運営するオリエンタルランド(OLC)の加賀見俊夫会長(82)らの証言で原点を振り返り、“永遠に完成しない”TDRの未来を読む。

 ついに日本初、東洋初、米国以外では初、世界で2番目となる東京ディズニーランド(TDL)が1983年4月15日にグランドオープンした。オリエンタルランド(OLC)社長の高橋政知とザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(ディズニー社)会長のカードン・ウォーカーがテープカットしたリボンをミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックがうれしそうに持った。それまで日本にいたミッキーふうキャラではなく、米国から来日した本物((C)付き)のディズニーの仲間たちだった。

 アトラクションも本場仕込み。OLC執行役員の宮内良一(58)は、「スカイウェイ」の初代キャスト(従業員)だった。開園前年の82年に夢を求めてOLCに転職し、運営部に配属された。「スカイウェイ」は、ファンタジーランドとトゥモローランドを結ぶロープウェー。98年11月に廃止されており、TDL開園当初を象徴する前世紀の風景だ。

 宮内は35年前を懐かしむ。「実際にスカイウェイで働いていたキャストが米国からやって来て、検証からマニュアル作りまで、指導してくれました。当時はアトラクション券の“もぎり”という仕事もありました」。今はパスポートに統一されているが、当時はアトラクション券やビッグ10(92年廃止)というのがあった。

 TDLと同じ83年に生まれた広報部の古賀茉莉(35)は、2歳の時に母に連れられてゲスト(入園客)になった。「スカイウェイ」「ウエスタンリバー鉄道」「空飛ぶダンボ」などのアトラクションにビッグ10を使って乗った。「エレクトリカルパレード」の感動よりも「白雪姫と七人のこびと」の記憶が鮮明だ。

 「『白雪姫』はファンタジーの世界だと思って乗車したのですが、おどろおどろしい雰囲気に驚き、ウィックド・ウィッチ(魔女が変身したおばあさん)が登場した時、大泣きしてしまいました。でもこの体験によって、子供ながらに現実は楽しいことだけではないんだと学びました」。怖い部分も含めて作り込まれた本物の世界観はディズニーならではだった。

 宮内は「当時と一番変わったのは、樹木が伸びて、植栽がすごく豊かになったこと。35年で緑の深みが増しましたね」。アトラクションも「開園当初は『スペースマウンテン』に並ぶため、オープンと同時にゲストの皆さんが右方向に流れましたが、『ビッグサンダーマウンテン』(87年)、『スプラッシュマウンテン』(92年)ができて、流れが分散されました」と話す。さらにゲストの流れを分散すべく、2001年9月4日に“第2のパーク”東京ディズニーシー(TDS)が開園する。こちらは“輸入品”ではなく、世界初・日本発となった。=<5>につづく、敬称略=(酒井隆之)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請