【巨人】どうなる来季の外国人枠争い…4枠に8人の超激戦

巨人入団が決まった前マリナーズのライアン・クック(ロイター)
巨人入団が決まった前マリナーズのライアン・クック(ロイター)

 巨人は29日、新外国人として前マリナーズ、ライアン・クック投手(31)の獲得を発表した。メジャーで球宴に選出されたこともある大型右腕で、球団は抑え候補として期待を寄せる。

 現時点で来季の支配下登録の外国人は8人。マシソン、クック、ヤングマン、メルセデス、アダメス、ゲレーロ、ビヤヌエバ、マルティネスとなっている。1軍の外国人枠は「4」。投手だけ4人、もしくは野手だけ4人という使い方はできない中、8人で4枠を争う超激戦となる。

 18年の巨人は開幕をマシソン、カミネロ、マギー、ゲレーロで投手2人、野手2人でスタート。ヤングマンが開幕2軍だった。6月15日にゲレーロがコンディション不良で登録抹消。翌16日に、育成選手から支配下登録されたばかりの救援右腕アダメスが1軍に昇格した。6月30日にはカミネロが不振のため登録抹消、翌7月1日にヤングマンが1軍登録されて先発した。7月10日にはアダメスが登録抹消、育成から支配下登録されたばかりのメルセデスが先発要員で昇格した。

 後半戦に入ると、7月26日にヤングマンが左手骨折で登録抹消となり、翌27日に育成から支配下登録された両打ち内野手のマルティネスが1軍に昇格。同29日にはマシソンが左膝痛のため登録抹消、アダメスが昇格した。8月26日にゲレーロが1軍復帰してマルティネスが登録抹消。シーズン終盤の1軍外国人はメルセデス、アダメス、マギー、ゲレーロの4人で戦った。

 来季の開幕戦、1軍登録されている外国人選手は誰になるか。首脳陣の起用法もポイントになりそうだ。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請