【巨人】新守護神候補のライアン・クックの背番号は「24」

ライアン・クック投手〈ロイター)
ライアン・クック投手〈ロイター)

 巨人は29日、新外国人選手として前マリナーズ、ライアン・クック投手(31)と契約合意に達したと発表した。契約年数は単年と見られ、年俸は推定で130万ドル(約1億4000万円)。背番号は18年シーズンまで高橋前監督が現役時代から計21年間背負ってきた「24」に内定。来季の抑え候補として期待がかかる。

 クックは今季、マリナーズで19試合に救援登板。2勝1敗5ホールド、防御率5・29の成績だった。右打者には主に速球とスライダー、左打者にはツーシームとチェンジアップを巧みに操る。登板17イニングを大きく上回る23奪三振をマークし、奪三振率12・2と高い数値を誇った。

 新助っ人は広報部を通じ「アスレチックス時代の2012年に東京ドームで行われた巨人軍とのプレシーズンゲームで投げたことがありますが、まさか日本でプレーすることになるとは思いませんでした。日本の選手が礼儀正しく、練習熱心だったことが印象に残っています。巨人軍で勝利に貢献し、プロ生活で初めてのリーグ優勝を経験したいと思います」とコメントした。

 これで今オフはFAで広島から丸、西武から炭谷を獲得。さらに今季メジャー20発の大砲ビヤヌエバ、右の切り札役もこなせる前オリックスの中島に、先発候補の前マリナーズ岩隈に次いで支配下選手では6人目の補強となった。

 ◇ライアン・クック(RYAN・COOK)1987年6月30日、米カリフォルニア州フレズノ生まれ。31歳。南カリフォルニア大からDバックスの27巡目(全体828位)でプロ入り。2011年にメジャー昇格し、同年オフにアスレチックス移籍。12年は初戦から22試合連続無失点をマーク、オールスター戦にも選出。将来を嘱望されたが、その後、故障もあって低迷。今季5月17日にメジャーに3年ぶりに復帰した。188センチ、98キロ。右投右打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請