【神戸】C大阪から電撃移籍の山口、移籍理由の一端を明かす「自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい」

神戸・山口蛍
神戸・山口蛍

 今オフC大阪から神戸に移籍した元日本代表MF山口蛍(28)が、移籍後初めて公の場で発言した。28日、都内で行われた楽天グループ納会に出席。「ここだけでは話せないことがたくさんある。自分としては、それほど大きな決断をして出てきた。自分が出ることを、色んな人が重く受け止めて欲しい。なぜ出てきたのかを伝えるのは、まだ早いと思う」と話した。

 下部組織から育ち、主将も務めたC大阪を離れ、決断した神戸への移籍。「何年かセレッソでキャプテンもやらせてもらって、チームのためにも思い切ってプレーできないこともあって、やりたいプレーがなかなか出せなかった。チームを一番に考えていたから。そういうのを1回排除して、新しい気持ちで自分のプレーを出したい」と素直な思いも語った。

 神戸では元スペイン代表MFイニエスタら、世界的な選手とともにプレーする。「世界的な選手とやれるのは、いつ訪れるか分からない。楽しみではある。早く一緒にやってみたい」と来季への思いも明かした。アジア杯の日本代表には入ることはできなかったが「またゼロからの気持ちでスタートして、自分のやりたいプレーをして、代表に戻りたいという、そういう気持ちになるかもしれない。自分のプレーを出したい」と、自身の成長を見据えていた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請