小痴楽、松之丞の真打ち昇進決定で「成金」の活動はどうなる?

「成金」メンバーの(前列左から)三遊亭小笑、春風亭昇也、神田松之丞、(後列左から)昔昔亭A太郎、春風亭昇々、瀧川鯉八、桂宮治、桂伸三、柳亭小痴楽
「成金」メンバーの(前列左から)三遊亭小笑、春風亭昇也、神田松之丞、(後列左から)昔昔亭A太郎、春風亭昇々、瀧川鯉八、桂宮治、桂伸三、柳亭小痴楽

 落語家・柳亭小痴楽(30)、講談師・神田松之丞(35)が真打ち昇進が28日、決まった。所属する落語芸術協会(三遊亭小遊三会長代行)が同日、都内で理事会を開き、小痴楽は来年2019年9月下席(21日~)から、松之丞は2020年2月中席(11日~)から真打ちに昇進する。

 2人が所属する二ツ目11人のユニット「成金」は2013年に結成。毎週金曜日に西新宿のミュージック・テイトで落語会を行う一方、年末にはホールで「大成金」を開催。ネタおろしの「成城成金」、地方公演の「旅成金」などを展開するなど派生企画が生まれ、来年3月には本多劇場に進出する「しもきた成金」も決まり、二ツ目ブームを引っ張ってきていた。

 結成当初から誰かが真打ちに昇進したタイミングで解散と“期間限定”の活動としていた。

 小痴楽は「(19年)9月20日が金曜日なので、ミュージック・テイトさんで最後にします。ずっと使わせてもらっていたのでそれが筋だなと思います」と真打ち昇進(9月21日)の前日で「成金」は終了することを明かした。

 通常成金は終了となるが、 メンバーで協議した結果、年末のイベント「大成金」だけは、今後も継続して行っていくことも確認された。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請