東洋大・今西駿介、苦しんだ2年間 燃え上がれ“駅伝男”…学生記者がみた箱根駅伝ランナー

第94回大会の6区、青学大・小野田勇次(右)とデッドヒートを繰り広げる東洋大・今西駿介(18年1月)
第94回大会の6区、青学大・小野田勇次(右)とデッドヒートを繰り広げる東洋大・今西駿介(18年1月)
12月13日の壮行会で記念写真に収まる今西(左、右は3年の相沢)(C)スポーツ東洋
12月13日の壮行会で記念写真に収まる今西(左、右は3年の相沢)(C)スポーツ東洋

 第95回箱根駅伝は2日、東京・読売新聞社前をスタートする。スポーツ報知では東洋大学スポーツ新聞編集部(スポトウ)の協力を得て、2014年以来の覇権奪回を目指す東洋大の3選手を紹介する。第1回は前回6区5位の今西駿介(3年)。1年中、密着取材する担当記者が、それぞれの選手を徹底分析した。

 * * * *

 東洋大の“駅伝男”今西が、チームを5年ぶりの箱根駅伝優勝へ導く。

 陸上の名門・小林高校(宮崎県)出身。全国高校駅伝に3年連続で出場し、2年時には3区で驚異の22人抜きを演じた。どんな状況でも前だけを見つめ、チームのために全力で走る。駅伝において大事なスピリッツが、当時からしっかりと今西の胸に刻まれていた。

 しかしそんな今西も、大学1年生の時は3大駅伝の舞台で走ることは無かった。初戦の出雲駅伝では、エントリーメンバー入りを果たすも出走ならず。当日は第3中継所で当時のエース・服部弾馬(現・トーエネック)と、大学駅伝デビューとなる同期の渡邉奏太(3年)のサポートに徹した。続く全日本大学駅伝では1区にエントリーされるも当日変更で補欠に。悔しさが募った。箱根駅伝ではまさかのエントリーメンバー落ち。当日は、気合の丸刈り頭で2区・山本修二(4年)の給水係を担当。笑顔で声掛けをするとともに、箱根路を駆け抜けるランナーの姿をしっかりと目に焼き付けた。

 2017年、3月。チームも新体制となった頃、当時の主将を務めていた野村峻哉(現・安川電機)はこう言った。「箱根駅伝は今西がいないと勝てないと思っています」。今西の走りが、東洋大優勝のカギを握ると言い切った。

 2年生となった今西は、ついに出雲駅伝で大学駅伝デビューを飾る。今までにない緊張感の中、5区を出走。思うように身体が動かず区間10位に沈んだ。「自分のせいで総合5位になってしまい、申し訳ない」。デビュー戦は、ほろ苦いものとなった。

 そして迎えた箱根駅伝。往路優勝を果たした東洋大は、青学大相手に36秒のアドバンテージを持って翌日の復路に挑んだ。今西は、復路のスタートである6区を出走。急きょ試走したところ、想定以上によく走れたため起用されたという。最初の5キロに自信があったという今西は、比較的ハイペースなレースを展開。しかし15キロ地点で青学大の小野田勇次(4年)に逆転を許すと、そのまま2位でタスキリレー。区間5位でまとめたが、決して満足できる結果ではなかった。結果、東洋大は6区から2位に後退すると、そのまま総合2位でフィニッシュ。「自分のせいで2位になってしまった」。今西は責任を感じていた。

 しかしその悔しさが、今季の今西の活躍を後押ししている。今季の出雲駅伝では、2年生の時と同じ5区を出走。トップを走る青学大との差を18秒縮める力走で、区間賞を獲得した。「自信になった」と、確かな手応えをつかむレースとなった。初の出場となった全日本大学駅伝。14位でまわってきた鉄紺のタスキを、3区の今西は6人を抜く力走で8位まで引き上げた。“駅伝男”をほうふつさせる走りを披露し、意地を見せた。

 1、2年時からの成長を印象付けた今西だが、この結果に満足はしていない。「山本、相澤晃、西山和弥の3人に頼っているチームだということが明確になった。それ以外の選手の成長がないと、箱根駅伝では勝てないと思っています」と、覚悟を感じさせる表情で語る。

 2年時、箱根駅伝で6区を走った今西だが、希望区間は特に無いという。「6区を走らなければいけないという思いもあるんですけど、状態の上がっていない選手もいるので。往路に回れるなら優勝に貢献したいです」とチームを優先。また「酒井(俊幸)監督が自分のことを一番よく分かっているので、監督が与えてくれる区間が一番走りやすいかなと思います」と、指揮官への信頼も口にした。 持ち前の明るさで、ムードメーカーとしてもチームを支えている今西。大学構内や試合会場で会うと気軽にあいさつをしてきてくれるなど、社交的な一面も持つ。マイブームはLINEゲームのツムツムで、よく行く場所は温泉。練習の合間の息抜きは、まさに大学生らしい。

 そして、好きな言葉は“苦しいのは一瞬、後悔は一生”。この言葉には、今西が駅伝に挑むにあたっての心構えが示されていると言えるだろう。

 「箱根駅伝だけは譲れないという思いでやっているので、何としてでも勝ちにいきます」。5年ぶりの箱根駅伝総合優勝へ。熱く燃える今西が、必ずや優勝の立役者となる。(スポーツ東洋・小野 由佳莉)

 ◆今西 駿介(いまにし・しゅんすけ)1997年8月29日生まれ。宮崎県出身。東洋大経済学部3年。21歳。第101回福岡クロスカントリーではシニア男子10キロの部で4位入賞。アップダウンのあるコースや、ロードでの強さが光る。身長173センチ。体重55キロ。競技歴8年。子供のころの夢は消防士。

第94回大会の6区、青学大・小野田勇次(右)とデッドヒートを繰り広げる東洋大・今西駿介(18年1月)
12月13日の壮行会で記念写真に収まる今西(左、右は3年の相沢)(C)スポーツ東洋
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請