有馬記念を制したブラストワンピース、一夜明けて元気な姿を披露

有馬記念の写真を担当の八木助手から見せてもらうブラストワンピース(カメラ・池内 雅彦)
有馬記念の写真を担当の八木助手から見せてもらうブラストワンピース(カメラ・池内 雅彦)

 23日の有馬記念で悲願のG1初制覇を飾ったブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)が24日、茨城・美浦トレーニングセンターで元気な姿をみせた。

 レース後は19時30分くらいに帰厩。八木大介助手は「カイバはペロッと完食していました。たくましいというか、食欲だけは落ちませんね」とタフネスぶりに脱帽していた。

 ダービーは2番人気で5着。菊花賞は1番人気で4着と悔しい思いをしてきただけに、喜びもひとしお。「僕としてはどちらも勝てると思って送り出していていたので、ここでという思いはあった。デビューから1年ちょっとでG1を勝ったと考えると、頭が下がる思いです」と同助手は愛馬に感謝していた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請