秋元康氏が初の女性バンド「ザ・コインロッカーズ」プロデュース…41人で結成

秋元康氏(中央)が初プロデュースする女性バンド「ザ・コインロッカーズ」
秋元康氏(中央)が初プロデュースする女性バンド「ザ・コインロッカーズ」

 大手レコード会社・ワーナーミュージックと、AKBグループ、乃木坂46、欅坂46などをプロデュースする秋元康氏(60)が初タッグを組み、手がける女性バンド「THE COINLOCKERS(ザ・コインロッカーズ)」の結成記者発表会見が23日、東京・青海のZepp Tokyoで行われ、最終メンバー41人(1人欠席のためこの日は40人)がお披露目された。

 「夢は弾いてかなえろ!」をキーワードに、楽器やバンド経験の有無を問わず、9月からオーディションを実施。3回の審査をクリアした13歳から19歳までの41人(平均年齢16・9歳)の精鋭が集った。

 ボーカルやギター、ベースなどの各パートに複数のメンバーを在籍させ、楽曲ごとにメンバーを選出するのが最大の特徴。楽曲ごとに人数、楽器編成が異なるため、毎回、組み合わせが異なることも考えられ、曲ごとに化学反応を楽しめるのがポイントだ。

 初めて女性バンドをプロデュースする秋元氏は「夢を見る原石を集めて、お互いに磨き合ったらいいと思い、スタートした」と説明。「オーディションで感じたのは『みんな、楽器うまいな』。レベルは高い。未知数なので、本人たちと相談しながら、もっと輝けるバンドにしたい」と話した。小林和之代表取締役兼CEOも「世界を狙える41人。どういう選抜制にするかで、いろいろな音楽ができる」と無限の可能性に期待した。

 ザ・コインロッカーズは来年初夏にデビュー予定。1年後の来年12月23日に同所での単独ライブ開催がサプライズで発表されると、メンバーからはどよめきが起こった。「来年は満員にしたい」と秋元氏。バンド名の由来は「大切な物を取り出したり、預けたり、着替えたりするのがコインロッカー。もう一つの自分になれる特性があると思う。彼女たちの夢があると思い、この名前にした」。1年後、大観衆を前にした状態でのパフォーマンスを目指していく。

 ◆秋元康氏プロデュースのグループ AKBグループ、坂道シリーズはもちろん、オーディション番組から誕生した「ラストアイドル」、吉本興業グループ所属のメンバーから選出した「吉本坂46」も。デジタル(2次元)アイドル「22/7」や、エイベックスとの共同プロデュースで「劇団4ドル50セント」も手がけている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請