馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都

【有馬記念】障害王オジュウチョウサンの挑戦は9着に終わる 武豊「4コーナーの走りは乗っていて感動した」

有馬記念を制し左手を挙げる池添とブラストワンピース(中央、カメラ・池内 雅彦)
有馬記念を制し左手を挙げる池添とブラストワンピース(中央、カメラ・池内 雅彦)
9着に敗れたオジュウチョウサン(カメラ・池内 雅彦)
9着に敗れたオジュウチョウサン(カメラ・池内 雅彦)

◆第63回有馬記念・G1(12月23日、中山・芝2500メートル、稍重)

 年末の大一番、有馬記念は16頭によって争われ、3番人気のブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)が直線で差し切ってG1初制覇。唯一参戦した3歳馬が、平成最後のグランプリを制した。騎乗していた池添謙一騎手(39)=栗東・フリー=は09年ドリームジャーニー、11年オルフェーヴル、13年オルフェーヴルに続いて、有馬記念単独最多となる4度目の制覇となった。

 2着は1番人気のレイデオロ(クリストフ・ルメール騎手)、3着には内から直線伸びた9番人気のシュヴァルグラン(ヒュー・ボウマン騎手)が入った。二刀流の挑戦として注目を集めたオジュウチョウサン(武豊騎手)は9着に終わった。

 武豊騎手(オジュウチョウサン=9着)「いいレースはできたと思います。自分としてはやりたいレースができたし、馬も一生懸命頑張ってくれた。(馬場に)のめっていて、馬は走りにくそうにしていたが、精神的に強いのか、頑張ってくれましたね。見せ場をつくってくれたし、4コーナーの走りには乗っていて感動しました」

有馬記念を制し左手を挙げる池添とブラストワンピース(中央、カメラ・池内 雅彦)
9着に敗れたオジュウチョウサン(カメラ・池内 雅彦)
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請