美人プロ・原英莉花が時松隆光とのペアで2連勝の活躍

原英莉花(左)と時松隆光
原英莉花(左)と時松隆光

 ◆日タイ親善試合・アマタフレンドシップカップ第1日(21日、タイ・アマタスプリングスCC)

 気温33度の暑さの中、新規大会が開幕した。男女ペアによるマッチプレーで争い、日本は2勝2分け4敗で3ポイントを獲得、5ポイントのタイにリードを許した(勝ち=1ポイント、引き分け=0・5ポイント、負け=0ポイント)。

 海外初体験となった原は時松と組み、第1試合でマークセン、モリヤ・ジュタヌガーンを6アンド5で下した。「すごく楽しくてあっという間に終わった。トップバッターで勝つことができてよかった」と笑顔で振り返った。第一印象を「かわいいですね」と照れながら語った時松は「(原に)近くまで飛ばしてもらい、自分はパットで頑張れた。うまくかみ合った」とうなずいた。

 同じペアで挑んだ午後の第7試合はミーサワット、タナポルブーンヤラスのペアを4アンド3で下して、2連勝を飾った。原は12番で7メートルのバーディーパットを沈めるなど、時松とともに6バーディーを量産した。「負けたくなかった。いいパートナーに恵まれて、楽しかった」。2ラウンドを終えた美人プロは仲間に感謝し、心地よさそうに汗をぬぐった。

 男子チームの主将は、師匠・尾崎将司の弟で通算32勝の尾崎直道が務める。ジャンボ軍団の一員の原は「直道さんの存在は心強い」と信頼を寄せる。日本チームは地元・タイを2ポイント追いかけ、2日目に巻き返しを図る。

ゴルフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請