【新台紹介】CR牙狼TUSK OF GOD(サンセイR&D)

 昨年7月導入の「GOLD STORM 翔」以来、1年5か月ぶりのミドル牙狼がホールに見参した。主要演出は「翔」を引き継いでいるが、ST機から次回確変機に変身。2008年にリリースされた伝説の爆裂台・初代機誕生から丸10年になるが、意外にもシリーズでは初となる2400発大当たり(16R、払い出し)を搭載している。

 初当たりは「333」「555」(4R=約600発)、「777」(16R)で確変「翔撃BATTLE」に突入。それ以外の数字の3つぞろいは4R通常で時短は付かない。消化中の確変昇格演出に期待しよう。

 「翔撃―」ではホラー撃破で16R+確変継続。電チュー経由大当たりの65%を占める。残る35%は厳しく2R通常。宿敵ジンガの登場警告で確変終了のピンチとなるが、牙狼登場でモードは継続(つまりリーチハズレ)で、ジンガ登場でカウントが「0」になれば2Rで時短50回転に入る。

 役物演出は「牙狼剣7セグ駆動」など、さらににぎやかに。大当たり時の祝福演出として、確変時勝利後にボタンを押すと、オーケストラと合唱アレンジによる「牙狼コーラス」も加わった。年末は、黄金騎士と“歓喜の歌”で震えたい。

ライフ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請