立正大V祝賀会でノムさん祝辞「もうあの世に行きますけど、あの世から見てます」

祝賀会で記念撮影する(左から)立正大の坂田精二郎監督、野村克也氏、DeNAの伊藤裕季也、楽天の小郷裕哉
祝賀会で記念撮影する(左から)立正大の坂田精二郎監督、野村克也氏、DeNAの伊藤裕季也、楽天の小郷裕哉

 東都大学秋季リーグ戦と明治神宮大会を制した立正大の優勝祝賀会が19日、都内のホテルで行われ、約550人が出席。坂田精二郎監督(44)の社会人・シダックス時代の恩師である野村克也氏(83)も出席し、まな弟子に連続日本一を達成して名将の道を歩むことを求めた。

 車いすのまま登壇したノムさんは「もうあの世に行きますけど、あの世から見てます」と冗談交じりに祝辞を述べた。その後、坂田監督に対し「連覇するのは大変なこと。自分もできなかったし、ぜひ挑戦してもらいたい。これからもプロ野球選手をどんどん輩出して、名監督になってもらいたい」とエールを送った。

 孫弟子にあたるDeNAドラフト2位・伊藤裕季也内野手と楽天ドラフト7位・小郷裕哉外野手(ともに4年)には「プロに入ってからが本当の勝負」。ノムさん本を愛読している伊藤は「もう一度、本を読ませていただきます」と、“ノムラの考え”で飛躍することを誓った。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請