【東京V】IT企業「アカツキ」と3年6億円の胸スポンサー契約…大口の株も取得し有力株主に

スポーツ報知
東京Vの今季の練習着。右下に「アカツキ」の広告が入っていた

 サッカーJ2の東京Vが、モバイルゲーム事業などを手がけるIT企業「アカツキ」(東京・品川区)と大型のスポンサー契約を結ぶことが19日、分かった。近日中にも発表される。来年1月からの3年契約で、同社のロゴが胸に掲出される。金額はJ1クラブ並みの年2億円弱で、総額は6億円に迫る見込み(金額は推定)で、大口の株を取得し、有力な株主にもなることも決定。今季J1復帰まであと一歩と迫った名門が強力なパートナーを得た。

 来季12年ぶりのJ1復帰を目指す東京Vに、力強い援軍が現れた。複数の関係者によると、今月で契約が満了するISPSの代わりに、アカツキが来季からユニホームの胸スポンサーになることが判明。金額はJ2としては異例の3年総額で6億円近くまでのぼる。さらに主要株主となり、経営にも参画することになる。

 アカツキは主にモバイルゲーム事業を行う企業で、スマートフォン向けゲーム「サウザンドメモリーズ」がヒットするなど急成長を遂げている。今季から練習着の胸のサブスポンサーとなっていたが、動画やアプリケーションのデジタルコンテンツを充実させたい東京V側と話が発展した。

 さらに今回の契約は、目標とする総合型スポーツクラブとして発展していくという意味でも大きい。バレーやトライアスロンに加えて、eスポーツにも取り組んでいる。アカツキもeスポーツ事業に積極的で、プロリーグを設立。来年から開催される予定で、すでにバルセロナやアヤックスが参加を表明。そこに東京Vも参加する意向だ。

 今季の東京Vはリーグでは6位ながらJ1参入プレーオフを駆け上がり、決定戦に進出。最後は磐田に敗れたが、念願の昇格まであと一歩に迫った。経営面では、今年からマンチェスターUでアジアのマーケティングを担当した森本譲二氏(39)を取締役に招へいするなど、改革は順調に進んでいる。来年にクラブ創設50周年を迎える東京Vが、強力なパートナーと共に名門復活を目指す。

 ◆アカツキ 本社・東京都品川区。モバイルゲームを中心に事業を展開するIT企業。2010年6月に創業し、13年11月に配信開始した「サウザンドメモリーズ」が大ヒット。16年3月に東証マザーズへ上場。17年9月に東証1部へ市場変更。今月、スクウェア・エニックスと共同開発した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」をリリース。代表取締役CEOは塩田元規氏。18年3月期売り上げは約219億円、経常利益約105億円。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請