藤井聡太七段がデビュー以来の順位戦17連勝 単独2位でトップ・中原誠十六世名人にあと1勝

門倉啓太五段(左)に勝ち、感想戦を行う藤井聡太七段
門倉啓太五段(左)に勝ち、感想戦を行う藤井聡太七段

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(16)が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦C級1組で、先手の門倉啓太五段(31)を88手で下した。通算記録は101勝18敗。

 同組での戦績は7勝0敗で、デビュー以来の順位戦連勝記録を「17」とした。来年の始動戦となる1月8日の富岡英作八段(54)戦で、中原誠十六世名人(71)の持つ18連勝の1位タイ記録を狙う。

 藤井は終局後「デビューからの連勝はあまり意識していない」と、さらりと流したが、B級2組への昇級枠2を争う同組(39人)で、藤井は31位と下位のため、残り3戦も全勝して、2期連続昇級を決めたいところ。「順位戦はここから一局一局(の勝敗)が重くなるので、気を引き締めて臨みたい」と話した。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請