片岡愛之助、妻・紀香の舞台初日「心配なので見に行こうと」システィーナ歌舞伎で源為朝演じる

片岡愛之助
片岡愛之助

 歌舞伎俳優・片岡愛之助(46)が18日、京都市内でシスティーナ歌舞伎「新説諸国譚(しんしょこくものがたり)TAMETOMO」(来年2月22~24日、徳島・大塚国際美術館)の取材会に出席した。

 今作は、曲亭馬琴の伝奇物語「椿説弓張月」をベースに、平安時代の武将・源為朝が琉球に流れて琉球王朝を開いたとされる伝説を描く。愛之助は主人公・為朝と武将・陶松寿の2役を演じる。システィーナ歌舞伎は7回目の出演で、近年は毎年出演。「ライフワークになってきている。毎回挑戦ですね。いろいろなことをやらせていただいて幸せです。いろいろな歌舞伎があるということ知ってもらえれば」と意気込んだ。

 公演が行われる2月には、妻の女優・藤原紀香(47)も東京・新橋演舞場で「二月競春名作喜劇公演」(2月2~23日)で太夫道中に挑戦する。愛之助は「心配なんで初日は見に行こうと思いますけど。彼女も舞台が終わったら来てくれると思う」と話した。

 システィーナ歌舞伎は大塚国際美術館にある、システィーナ礼拝堂の天井画と壁画を陶板で立体再現した「システィーナ・ホール」で新作歌舞伎を上演する。近年では和と洋のコラボをコンセプトに、能やオペラなどをテーマにした画期的な演目が話題となっている。今作でも、「アーサー王」の伝説や琉球舞踊、ハワイアン音楽などを取り入れる予定で、奇想天外な舞台となりそうだ。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請