山根明前会長、ボクシング連盟の除名方針に「ちゃんちゃらおかしい話」

山根明氏
山根明氏

 フリーアナウンサーの宮根誠司氏(55)が、16日放送のフジテレビ系「FNN重大ニュース ニュース総決算2018」で、8月に助成金の不正流用などの責任を取って辞任した日本ボクシング連盟・山根明前会長(79)を直撃した。

 山根氏と宮根氏の対談は事前に収録されたものだったが、宮根氏は番組放送前の午後2時半ごろに山根氏に直接電話。日本ボクシング連盟が同日、都内で総会を開き、山根明前会長を除名処分とする提案を承認したことについて「(ボクシング連盟から)除名処分の方針が出たんですが」と山根氏を直撃した。

 山根氏は「全く意味ありません。だから頭がおかしいんですよ。どうして一般の人間を除名できるんだよ。ちゃんちゃらおかしい話でしょ」と憤った口調で宮根氏に心境を明かした。

 山根氏を巡っては、ボクシング連盟会長時代に奈良県選手をひいきしたとされる審判員の不正判定疑惑を意味する言葉「奈良判定」が、「2018ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされるなど話題となった。

 スタジオのアンミカは「山根節、来年も聞きそうな気がします。あの元気を何かポジティブに、いい方向に使って頂ければ」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請