東大・近藤秀一「裏・箱根駅伝」の荒川駅伝で母校を初優勝に導く

東大の近藤(左から3人目)は「裏・箱根駅伝」と呼ばれる荒川駅伝で東大を初優勝に導き、チームメートと力強くガッツポーズ
東大の近藤(左から3人目)は「裏・箱根駅伝」と呼ばれる荒川駅伝で東大を初優勝に導き、チームメートと力強くガッツポーズ

 スポーツ推薦制度がない関東の大学が覇を競う荒川河川敷大学対校駅伝(荒川駅伝)が16日、東京・足立区の荒川河川敷で行われ、男子の部(6区間42・195キロ)に箱根駅伝(来年1月2、3日)の関東学生連合チームに選出されている東大の近藤秀一(4年)、防衛大の古林潤也(4年)、上智大の外山正一郎(4年)の3選手が参加した。近藤は3区(8キロ)で独走態勢を築き、東大を初優勝に導いた。2位は東京理科大。古林は6区(8・195キロ)で最強市民ランナー川内優輝(31)=埼玉県庁=が学習院大時代につくった区間最高記録を更新し、防衛大を9位から3位まで引き上げた。

 参加校の間では「裏・箱根駅伝」と呼ばれている荒川駅伝で、近藤が圧巻の走りを見せた。3区で大混戦の中スタートすると、その直後に他校を引き離して独走。エースの快走で波に乗った東大は19回目で念願の初優勝を飾った。

 「東大のチームメートとタスキをつなぐ最後の駅伝で優勝できて、箱根駅伝に向けて弾みがつきました」。歓喜の輪の中で近藤は満面の笑みを見せた。

 “4度目”の正直に向けて順調に調整を続けている。前日は、静岡県大会を制して全国高校駅伝(23日)に出場する母校・韮山高の後輩ランナーたちと10キロ走を敢行。この日は8キロをほぼ予定通りの24分40秒(手元計測)で走った。1年時から連合の登録メンバーに入っているが、出走経験はなし。特に前回はエース兼主将として1区で快走が期待されたが、直前でインフルエンザに感染し、欠場を強いられた。今回も1区出走が濃厚。「この2日間でいい練習ができました。もう、やることはありません。疲労を上手に抜いていくだけです。箱根駅伝本番に向けて体調を万全にして100パーセントの力を発揮したい」と充実した表情で話した。

 神奈川・箱根町と隣接する静岡・函南町で生まれ育ち、小学生時代から箱根駅伝を沿道で応援していた。「箱根駅伝は特別な舞台で今回が最後のチャンス」と語る。学生陸上界NO1の文武両道ランナーは長年、目指し続けた大舞台についに立つ。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請