仮面女子・猪狩ともか、「車いすアイドル」へのSNS中傷にも「笑い話にするしかないかな」

生誕祭を開催した仮面女子・猪狩ともか(前列左から3人目)とスチームガールズ・メンバー(猪狩の右は中嶋涼子)
生誕祭を開催した仮面女子・猪狩ともか(前列左から3人目)とスチームガールズ・メンバー(猪狩の右は中嶋涼子)

 最強の地下アイドル「仮面女子」の“ひまわりエンジェル”猪狩ともかが9日に27歳の誕生日を迎えたことを受け15日、自身4回目の生誕祭を東京・秋葉原の常設劇場「仮面女子CAFE」で開催した。

 猪狩の担当カラー・イエローが会場一面を彩り、「車いすアイドル」に元気をもらおうと、車いすのファンも集結。また、車いすの大先輩・CoCo―Lifeタレント部の中嶋涼子(32)も、猪狩のパフォーマンスを見守った。

 ライブ終了後の囲み取材で猪狩は「今年は、生誕祭を開けたことが奇跡だと思っています」と感想を述べ、「事故にあって入院して、ステージに戻ってこられました。今まで当たり前だったことが、当たり前じゃなくなって。でも、こうやって生誕祭をまた開けたことが幸せです」と何度も頷いた。

 猪狩はライブ終了後のファンへのあいさつで「正直、ライブに出たくないと思うこともありました」と胸の内を吐露。この発言について、「注目される分、(SNSなどで)心ないことを書かれてもしょうがないことだと思うので。もっと有名な方は、見たくないことをたくさん書かれていると思う。そういうのって、気にしていたらキリがないので、誰かに話して『こんな事書かれちゃった』とか笑い話にするしかないかなと。そうしないとメンタルがやられちゃいますから。そこは気にしないようにしています」と笑い、どこまでも前向きな姿勢を示した。

 取材に同席した中嶋は「車いすのネガティブ感(かっこ悪いとか可愛そうみたいな)が一切なくて、今までになかった車いすのアイドル像を作り上げてくれていて感動しました。様々な気持ちを乗り越えて、今があるんだなって猪狩さんのスピーチを聞いて感じた。周りのメンバーが支えてくれているのも、幸せ者だなぁって思いましたよ」と猪狩に向け笑顔を見せた。

 スチガ(=スチームガールズ)メンバーを17日に卒業して、最上位ユニット「アリス十番」に昇格する涼邑芹(20)も「いがともちゃん(猪狩)と一緒に、スチガとしてステージに立てるのも今日が最後。でも、仮面女子としては、これからもたくさんパフォーマンス出来るので、一緒に笑顔でステージに立ち続けたいと思います」と猪狩との今後の共演へ期待を寄せた。

 ◆猪狩 ともか(いがり・ともか) 1991年12月9日、埼玉生まれ。27歳。154センチ。最強の地下アイドル・仮面女子を構成する4ユニットの1つ「スチームガールズ」リーダー。2014年5月、研究生「スライムガールズ」としてステージデビュー。同年7月、オズの魔法使いをコンセプトとしたユニット「OZ」に昇格しライオンを担当。15年3月に「仮面女子候補生」が結成されリーダーに就任。17年1月8日に仮面女子・スチームガールズ(スチガ)への昇格が発表され、2月19日に加入式が行われた。スチガ加入1周年の18年2月に同ユニット・リーダーに就任。4月11日に都内で強風によって倒れてきた看板にぶつかる大ケガを負い脊髄損傷。「両下肢麻痺」で車いす生活となった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請