水谷隼、中国の意地に敗れる…準決勝で林高遠にストレート負け

◆卓球ワールドツアーグランドファイナル 第3日▽男子シングルス準決勝 林高遠4―0水谷隼(15日、韓国・仁川)

 【15日=林直史】男子シングルスで世界ランク5位の張本智和(15)=エリートアカデミー=が初の決勝進出を果たした。準決勝で同6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を4―0で下した。水谷隼(29)=木下グループ=は準々決勝で梁靖崑を下したが、準決勝で同4位の林高遠(ともに中国)に0―4で敗戦。女子シングルスで石川佳純(25)=全農=はフルゲームの大接戦の末、何卓佳(中国)に敗れた。

 水谷が中国の意地に屈した。樊振東らが敗退し、中国勢で唯一4強に残った林高遠との準決勝。相手の鋭いバックハンドに押され、ストレート負けを喫した。「すごく気合が入っていたと感じたし、想像以上に相手のプレーが良かった」と完敗を認めた。

 自身3度目の優勝には届かなかったが、手応えはつかんだ。初戦から劉丁碩、梁靖崑とシニアの国際大会では初めて2試合連続で中国選手を撃破。苦手意識を抱えていた中国勢のラバーに対しても「トラウマを感じなかった」。午後10時と遅い開始となった試合も「初めてかもしれない。いい経験になった」と前向きにとらえた。決勝に進出した張本には「いいライバルでもあり、仲間。優勝してほしい」とエールを送った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請